2018年03月07日

淀川寛平マラソン駅伝出場

 先日の日曜日、淀川寛平マラソン駅伝の部に出場して来ました。ここ数年来、時々集まるようになった高校3年の同期6人とチームを組んで(他にサポート1人)の出場。しかし、この歳になって何を言い出すやら(笑)。

 私は通常やっている、多くても週1回の老化防止トレーニング以外は何も特別なことはしなかったのですが、他の5人は準備に余念がなかったようです。それなのに私が最長区間12kmを担当

 12kmなんて走ったことないんですが…。これまで最長は10km。しかも5年前。第1区が12kmなので、いきなりタスキが途切れるなどという格好の付かない結果になってしまうかも。

 とりあえず、引き受けてしまったので、当日会場へ。寛平マラソンというだけあって、吉本芸人もたくさんいらっしゃいました。スターターにも見たことのある顔が。9時スタートのフルマラソンやファミリー3km部門に続いて、11時に駅伝スタート

 まぁ驚いたことに周りの人の速いこと。こりゃヘタに付いて行くとホントに中継出来なくなると思い、何とかマイペースを維持。でも、折り返してみると、私の後ろには数人しかいませんでした。

 途中からは第2走者(10km)にも抜かれ始める中、不安そうに待っていた仲間に迎えられて何とかタスキを繋ぎました。タイム的には1時間15分ぐらいだったので、自分としては予定通りだったのですが…周りのレベル高過ぎ。

 残りの5人も無事タスキを繋ぎ切り完走。記録としても予定より少し早い目の4時間15分ほどでした。とにかく他のチームのレベルがかなり高かったです。帰りに上位チームの結果掲示を見ると、トップは2時間40分を切ってました。

kirokush.jpg
<当日フルマラソンに出場した別の同期よりも少しだけ早かった>

 何とか走り切ったというレベルだったので、今のところ「また来年も」という気持ちにはなれませんが、50歳になった高校の同期とのこういう機会は貴重でした。また何かやりたいね…という話になってしまっております(笑)

tasuki.jpg
<ちょっと大袈裟>
posted by らぐじ〜 at 10:29| 自分の体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

『らくだば』9周年ツアー

 2月は逃げる…あっという間に2月が終わろうとしています。今年も6分の1が終わる…。平昌オリンピックも終わりましたねぇ。今月は特に仕事がバタバタしていて、ほとんどナマで観ることは出来ませんでした。

 それでも、スピードスケート女子団体パシュートの金、ノルディックスキー女子ジャンプの高梨選手の銅、カーリング女子の銅はライブでその瞬間を観ることが出来ました。

 そんな大会が盛り上がっている最中の2月17〜18日毎年恒例「らくだば周年ツアー」に参加して来ました。今年で9周年。さらに行った場所が特別でした。なんと、金メダリスト小平奈緒さんの故郷「茅野市」

 彼女が金メダリストになったのは、18日の夜だったので、このツアー終了後になるのですが、まさにその前日、彼女も滑ったスケート場「茅野国際スケートリンク」でスケートをして来ました。

chinoska.jpg
<小平選手、金メダル獲得の前日でした>

 スピードスケートの公式大会が開催出来るスケートリンクということで、400mの周回コースのみ。手摺りなんてありません。「コースの外側は割と上手な人が滑っているので、みなさんは内側を使って下さい」と係の人に釘を刺されました。

record.jpg
<そうそうたるリンクレコード保持者>

 確かに、コースの外側ではスピードスケート用の靴を履いた子供たちが「目指せオリンピック!」と言わんばかりにスイスイ滑っていました。驚くことに、ほとんどの人がスピードスケート用の靴を借りるんです(私たちはフィギュア用)。

 私自身、スケートをするのは40年ぶりぐらい(小学生以来)。少しぐらい感覚が残っているかと思いましたが甘かった。氷の上に立つと、まるで生まれたての小鹿…ヨタヨタと滑っているのか歩いているのか分からない状態で何とか1周。

 それだけで疲れ果ててしまいましたが、せっかく小平選手や清水宏康選手らが滑ったリンクに来ているのにもったいないと思い、休み休み、1周ずつ回っているうちに少しずつ慣れて来ました。

skate.jpg
<ちょっと慣れてきた頃>

 ところが無謀にも、ツアーの幹事さんたちが、3人1組でムカデ競争をやろうなどと言い出す始末。多少上手に滑ることの出来る人がいましたが、ほとんどの人がヨタヨタ状態にもかかわらず…。

 最初は全員参加にならないのではと思っていましたが、結局、ほぼ全員参加の7組結成。3組と4組の2グループに分かれて2レース後、両方のトップ同士で決勝レースという大胆な企画!

 で、見事、優勝しちゃいました。決勝レースは途中まで惨敗ペースだったのですが、相手が最後の直線で転倒。彼らを悠々抜き去ってのゴールとなりました。

mukade.jpg
<私は真ん中。なんだかんだ言いつつ、結構、楽しませてもらいました>

 最初はどうなることかと思いましたが、終わってみれば楽しかったです。もっと上手に滑れれば気持ちいいんでしょうけど、貴重な場所で久しぶりのいい体験が出来ました。

 あ、ツアーの方はこの後、お決まりの温泉&宴会等を経て、翌日も茅野、諏訪を楽しみました。来年はとうとう10周年。本当に楽しみです。
posted by らぐじ〜 at 17:46| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

『舟を編む』

 今週末はラグビー観なくてもいいはずだったのですが…Facebookのストリームでワールドカップのアメリカ予選、カナダvsウルグアイをやっていたので、観てしまいました。結果はアウェーのウルグアイが勝利。次戦、ホームでの第2戦に向けて優位に立ちました。

 でも、午後は今日も映画鑑賞。こちらも録画したまま観ていなかった『舟を編む』

funeoamu.jpg

 まとめてしまうと…適材適所、好きこそものの上手なれ、こそ情熱の源。その情熱が周囲を巻き込み、出会いを生み、仲間を呼び、多くの人々の尽力が成果を上げる…といったところでしょうか。

 辞書を作るという作業なんて、考えたこともなかったですが、とんでもない作業ですよね。普段話している言葉をすべて説明しなければならないなんて考えただけでもゾっとします。『右』の説明の仕方…よく「お箸を持つ方」なんて言い方をしますが、それは「右手」だし、世の中には左手で持つ人もいますからねぇ。

 というわけで、私の持っている国語辞典で『右』を引いてみると…「日の出る方に向かって南の方」。ふむふむ、なるほど。じゃあ『南』は?「日の出る方に向かって右の方」…え?やっぱり堂々巡りなんですね。

 ちょっと辞書に対する見方が変わりました。色々引いてみようかなぁ。
posted by らぐじ〜 at 21:49| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『マンマ・ミーア!』

 今週は年に何回かだけある、ラグビーを観なくてもいい週末。まぁ、それでもシドニーセブンズのストリームを観たりはしていますが。CS放送も含めて、テレビでは放送がないのです。

 というわけで、昨日は映画観賞。続編が近々公開予定ということで、慌てて前作を観る気になりました。録画しておいた「マンマ・ミーア!」。気が付くと公開は9年前。時が経つのが早過ぎる。今年ももう12分の1が終わろうとしてますもんね。

 タモリさんではありませんが、私もあまりミュージカルというのは得意ではありません。「何でそこで歌い始めるの?普通に話した方がいいじゃないの?」と思う方なので。ただ、ABBAの曲は世代的に取っ付き易いというのもあってか、抵抗は少なかったかも。

 スゴいと思ったのは、メリル・ストリープの若さ。公開当時は59歳。撮影時はもう少し若かったとしても、躍動感溢れる演技に驚かされました。張りのある歌声もさすが。

 観て楽しい、元気が出る映画という感じでした。機会があれば、続編も観てみようかなという気にはなりました。

mammamia.jpg
posted by らぐじ〜 at 09:26| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

謹賀新年

 明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 今年の元旦も例年のごとく、花園ラグビー場で開催中の全国高校ラグビー大会の売店バイトで始まりました。大晦日は紅白歌合戦も全く見ず、11時に就寝。当然、除夜の鐘も聞かず、ゆく年くる年も見ず。朝6時起きで花園ラグビー場へ向かいました。

hnzn2018.jpg
<来年のラグビーワールドカップ開催に向けて絶賛改修中>

 本日、2日は年末年始で唯一ゆっくり出来る日。年末は28日に本業の仕事納め。そのまま新開地のビジネスホテルに前泊して29日の全国中学ラグビー大会の売店でバイト。前泊したのに朝は5時起きでした。そして、30日は花園ラグビー場。

 31日は自宅の大掃除。明日も花園ラグビー場。本業は一応4日までお休みですが、お客様が年中無休のため、FAXが溜まっているのがイヤなので、午後から出勤して様子を見て来ようかと思っています。というわけで、今日が唯一の安息日

 今年の5月で現在の会社に勤め始めて5年を迎える予定ですが、まぁどうにかこうにか続けております。業績不振続きで、まともに賞与も出なければ、年中無休のお客さんと、古い考えの社長のおかげで休みも取りにくい会社ですが、開き直っております。

 しかし、何だかんだ言っているうちに来年はラグビーワールドカップ日本開催の年。いよいと本格的に準備を始めて行かねばなりません。もちろん、チケット購入を初めとする観戦準備です。ひょっとしら、来年はまた会社辞めてるかも…。

 こんなラグビーおたくの私ですが、本年もどうぞよろしくお願い致します。
posted by らぐじ〜 at 21:58| ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

年末年始の準備

 11月30日の送別会に始まり、12月3日の忘年会第一弾、12月9日の第二弾と続いたところで、今週は一旦お休み。あとは年末に3日連続という追い込みが掛かるまでひと段落です。歳を取ったせいで宴会の翌日がツラいです。

 その他の準備も少しだけ始めました。先週、年賀状を購入。今週、住所録を更新。とりあえず、今日はそこまで。年明けの新春恒例落語会の前売り券も買いました。それが準備かと言われればそれまでですが…。

nenga18.jpeg
<買っただけ>

dokuen18.jpg
<こちらも前売り券買っただけ>

 一方、9月に負った捻挫がやっと回復して来ました。まだ腫れが残っていて、少々痛みもあるのですが、ほぼ普通に走れるようになりました。ただし、まだ真っ直ぐしか走ってません。方向転換とか出来るかどうかは不明。何とか年明けにはラグビーの試合に出たいところ。

fjdr1216.JPG
<やっと走れるようになりました>

 問題は掃除。毎年憂鬱ですな。年末にしか掃除しない場所もたくさんあるので、やらないといけないのですが…。せっかくの土日はのんびりしたいなどと考えると、なかなか手に付きません。明日、少しでも始めたいところです。
posted by らぐじ〜 at 21:06| 自分の体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

はしる走る。師も走る。

 先週は大阪マラソンの応援へ。東京から参加している3人の友人を追うことを第一目的に、その他、知り合いに出会うのも楽しみに、地下鉄1日券(600円)を利用して4地点で応援しました。例によって、目が疲れ果てました。

 ゼッケン番号を登録しておけば、タブレット端末で友人がどの辺を走っているのか分かるようにはなっているものの、タブレットを見ているうちに通り過ぎられては困るということで、やはり多くのランナーの中から肉眼で友人を探すというのが基本。

 第1地点では3人中2人発見でしたが、うち1人は向こうから声を掛けてくれました。第2地点は大失敗。御堂筋の南向きは側道を挟んでいて、ランナーまでの距離が少々遠く、全員見逃し…気を取り直して第3地点。ここでは第1地点で見逃した1人を含め2人を発見。

kitamido.jpg
<イチョウ並木がきれいでしたが、ここでは1人も発見できず>

 残念ながら少々距離の開いた3人目の発見をあきらめ、最終第4地点のゴール直前地点に向かったのですが、地下鉄の混雑を避けて遠回りのルートを通ったため、最初2人の通過に間に合わず。第3地点で待ち切れなかった3人目に何とか声を掛けて応援終了。

 他にも大阪在住の知り合いや先輩方を発見、あるいは発見されたりしましたが、さすがに3万人の中から人を探すというのは大変でした。有名人も何人も走っていたのですが、通り過ぎてからゼッケンの名前を見て気付いたりということで、なかなか声掛け出来ず。

 まぁ、しかし42.195kmも走るってこと自体、私には信じられません。そんな私も9月にラグビーの試合で負った捻挫が長引いていましたが、やっと今日、久しぶりに30分のジョギングが出来るようになりました。いい天気で気持ちよかったですが、これが限界です(笑)。

 今年もいよいよ師も走る月がやって来てしまいました。年賀状も買ってないし、年末に向けての準備なんて全くしていませんが、忘年会だけは否応なしに始まります。本日1件目、行ってまいります。
posted by らぐじ〜 at 15:44| 自分の体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

『私に会うまでの1600km』

 長い間、映画館にも行かず、家で録画してあったものも観ないままだったのですが、この週末は観なければならないラグビーの試合が1試合しかなかったので、録画してあった1本を観ることが出来ました。邦題は『私に会うまでの1600km』

 実在の人物の自伝に基づく映画なので、主人公も原作と同じ実在の人物。離婚や母親の死などが原因で自暴自棄に陥った自分を見つめなおすために、パシフィック・クレスト・トレイルという過酷なロングトレイルを女性1人で歩くというストーリーです。

wild1600.jpg

 メキシコ国境からカナダ国境まで続くこのトレイル、砂漠地域やら山岳地域を通らねばならないようですが、毎年300人程度が1シーズン内の踏破にチャレンジするそうです。映画の中で描かれているように、途中の郵便局などに補給物資を送ってもらうようです。

 さすがにこんな過酷なトレイルを踏破しようなどとは私には考えも付きませんが、人間、時々旅に出ることとは、日常にない不便や人恋しさを感じるために必要なのではないかと思いました。せめて1週間とか10日ぐらいの旅を久しぶりにしてみたいものです。
posted by らぐじ〜 at 21:38| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

桑名から横浜へ

 3連休。最初の2日で桑名から横浜へと出掛けて来ました。桑名に降り立つのは初めて。目的は友人が運営するNPO法人の支援するカンボジアの孤児院の子供たちが来日して行う伝統舞踊の公演を観るため。この日のために一生懸命練習した彼らの踊り、観る価値充分でした。

kukkuma.jpg

 そこから名古屋に出て、夜行バスで横浜へ。ラグビー日本代表対オーストラリア代表の試合を観戦するためです。朝5時過ぎに着いてしまうのですが、試合開始は14:40。まずはカプセルホテルのデイユースを利用して、お風呂&ひと眠り。

 それでもチェックアウトは11:00。初めての日産スタジアムには11:30に着いてしまったのですが、この日は横浜ラグビーカーニバルが開催されていて、スタジアム周辺では様々なイベントが行われていました。幸い、豪華メンバーで行われていたトークショーを観覧

yrctalk.jpg

 その後、たくさん出ていた屋台で昼食をとり、いざスタジアムへ。バックスタンドは日が当たって暑かったので、Tシャツ1枚での観戦となりました。試合は前半で勝負が決まってしまうような内容でしたが、後半は日本代表も頑張って、43,000人入ったスタンドも沸いていました。

 ちなみに43,000人超えはラグビー日本代表が日本国内で戦った試合での最多観客数。2年前の一時的なラグビーブームは去ったかと思われましたが、2年後のワールドカップ日本開催を控えて、新たな盛り上がりを見せてくれるといいなぁと思います。

nissanst.jpg

 その後は横浜からわざわざ東京に向かい、四谷荒木町と新宿御苑前の友人の店を2件ハシゴして夜行バスで帰阪。少々慌ただしく、移動の多い2日間でしたが、好天にも恵まれ、いい連休となりました。
posted by らぐじ〜 at 21:42| ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

台風と選挙

 台風の近付く中、選挙に行って来ましたが、結局「安倍の思うツボ」選挙になってしまいましたねぇ。明日からますますエラそうに、傲慢になっていくのでしょうか。希望の党はもう解散してもいいんじゃないでしょうか。なんか、選挙なんて…政治家なんて…と思うような選挙でした。

 さて、迫りくる大型台風のおかげで、私のガラケーは午後から何度も災害情報を伝える音がなっております。近くに大和川が流れているせいもあって、避難勧告、避難指示、河川氾濫危険情報などなど、ひっきりなしに配信されています(すでに13回)。

 夜中の寝ている間に鳴るとツラいなぁ。その時はさすがに寝てる場合じゃないかも。幸い、避難所は比較的近いのですが…昼間に投票に行った場所です。もう誰か行ってるのかなぁ。みなさんも充分にご注意を。

hinansji.jpg
<自分の住んでいるとことが「土砂災害警戒区域」かどうか分からないのですが…>
posted by らぐじ〜 at 21:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。