2019年03月21日

国内観戦初敗戦

 先週の土曜日、東京までスーパーラグビーのサンウルブズvsレッズ(オーストラリア)戦を観戦に行って来ました。行きは贅沢に新幹線(こだまですが)。この日開通したばかりのおおさか東線の新大阪までの延伸部分を通って行きました。実は、時間的には大阪環状線経由の方が早いんですけど。

 これまで、秩父宮で観戦したサンウルブズ戦は3戦3勝。要は勝てそうな試合を狙って行っているのですが、我ながら見事な的中率でした。この日も前半終了時は21−5でリード。あ、なんか普通に勝っちゃうゾ…と思っていたのですが、まさかの後半逆転負け(3点差)

 来年でサンウルブズのスーパーラグビー参戦もなくなるので、あと1回ぐらいは勝ちを観に行きたいとは思いますが…。

 帰りは夜行バスにしたので、バスの時間まで、友人の飲み屋さん2件をはしご。1件目に行ったお店はまだ3回目なのですが、3回ともいらっしゃったお客様がいて、すでに私の顔もしっかり覚えていて下さる…早くも居心地のいいお店になりました。

TEN-RYU.jpg
<和装の男性が3回ともお会いしている中根さん>

 2件目のお店にも顔見知りがいて、飽きることなくバス出発までの時間を過ごすことが出来ました。危うく充電してもらっていたi pad miniを置き忘れたところも救って頂きました。ベイビーさん、ありがとう。

 さて、次回はいつ東京に出没しますかねぇ…。
posted by らぐじ〜 at 22:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

お祝いはついでです。

 土曜日の夜の夜行バスに乗って日曜朝に東京に着き、漫画喫茶で時間をつぶした後は丸一日、友人のお店の10周年お祝い行事に参加。日曜夜の夜行バスで大阪に戻り、月曜朝はそのまま出勤。

 「スゴいね」って言われること数知れずですが、大したことないです。

 別にお店を好き過ぎるわけでもなく、店主を愛しているわけでもありません。それに付随する色々な楽しみを味わいに行っているだけです。自分が楽しいからです。お祝いはついでです…おっと…(笑)

 120人もの宴会すれば、きっと長い間会っていなかった懐かしい顔にも会えるだろうし、5時間も出入り自由な2次会があれば、思っていなかった人もひょっこり現れるし…それが楽しみなんです。

genkai.JPG
<これで真ん中の位置ぐらい>

 初めての漫画喫茶も、なかなか体験できない老舗の高級水炊き店も、2夜連続の夜行バス泊も、全部ソワソワ、ワクワクの楽しみなのです。

mizutaki.JPG
<鶏肉しか入っていない水炊きは初めて>

 だからスゴくも何ともありません。わざわざ来てくれて…なんて言わなくていいんです。自分の楽しみのために、ついでにお祝いに行っただけ。

 素敵な機会をありがとう。あらためて、おめでとう。

beer10.JPG
<こんなのも頂いてしまった。うれしい。>
posted by らぐじ〜 at 13:25| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

30年ぶりの沖縄

 先々週の3連休のお話。30年ぶりに沖縄に行って来ました。30年前といえば私は大学生。行きは船で船中2泊かけて行きました。帰りは飛行機だったのですが、そのあまりの早さに、行きの長い時間は何だったんだ…と思いました。

 今回は、新宿御苑前で営業している友人のお店の開店10周年旅行。毎年〇周年旅行が企画されるのですが、4周年旅行が沖縄で、その際、現地の泡盛工場に甕入りの泡盛を寝かせて来たのを取りに行くというのが一番の目的。

 私は4周年旅行に不参加だったのですが、今回は何とか往復の飛行機も手配出来たので、行かせてもらうことになりました。

 初日は大阪出身ながら沖縄でワイン酒場を営業している友人のお店で前夜祭。2日目に観光バス貸切で泡盛の造り酒屋へ向かいました。ここでは、泡盛だけではなく、泡盛を寝かせて古酒にするための甕も自前で作っているというのが特徴。

 4年前に寝かせた泡盛が蔵から出され、一部はビンに移し替えられ、その夜の宴会で飲めることになりました。残った分にはさらに新種が注ぎ足され、船便で東京へ送ってもらえるとのことです。

20190210_091418338_iOS.jpg

 その夜は読谷村にある「むら咲むら」という沖縄文化体験型宿泊施設に宿泊。夕食の前に沖縄舞踊の「エイサー」体験をしましたが、ほんのちょっと習っただけで、いきなり3曲踊らされるという、ちょっとムチャぶりな体験でした。

eisaa.jpg
<結構、必死です>

 夕食は沖縄舞踊を見たり三線演奏を聴きながらの宴会だったのですが、ここでもみんなでエイサーを踊ることになり、昼間の体験が役に立ちました。

 さらに部屋に戻ると2次会。昼間もらって来た泡盛の古酒を飲んだり、10周年記念の動画を鑑賞したりしながら夜中まで…私は1時頃でダウンでした。

 最終日は各自それぞれ帰途についてもOKだったのですが、多くは残波岬で灯台に昇るなどした後、那覇へ戻り、沖縄を離れるのが翌日のメンバーはさらに夜も集まって飲んでいました。

 30年間、なかなか行けなかった沖縄でしたが、10周年旅行という機会を作ってくれた友人のお店の頑張りに感謝です。次回、沖縄に行くときは、普通の観光名所(首里城とか)も巡ってみたいなぁと思います。
posted by らぐじ〜 at 13:40| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

『ボヘミアン・ラプソディー』

 先週の土日は、日本のトップリーグ終了と、ヨーロッパの6か国対抗戦の狭間で、ラグビーの試合の放映が全くない週。ということで、久しぶりに映画館へ映画を観に行って来ました。

 友人お薦めの『ボヘミアン・ラプソディー』。大好評でロングラン中ですよね。あまのじゃくな私は、皆が騒ぐと逆らいたくなる性格なので、DVDが出てから借りて観ればいいや…と思っていたのですが、「絶対、映画館で観た方がいい」という友人に従ってみました。

 もうそろそろ空席も出始めているのかと思いましたが、土曜の昼ということもあってか、いまだに満席。私が会員になっている、アポロシネマ8はスクリーンが大きくていいですよ。

 さて、ストーリー的には小さなライブハウス、ドサ周りから一気に人気が出て大スター。やがて、グループ内に軋轢が生じて、メインボーカルがソロ活動をしたがるっていうところは、予想の範囲でしたね。

 ただ、その原因に主人公の出生、人種問題、そしてバイセクシャルなどによる孤立感、孤独感が大きく影響しているというのがテーマでもあるでしょう。

 主人公ではなく彼の同性愛者であり、マネジャーだった人物の「ベルファスト生まれのカトリック信者でゲイ」という言葉が上記のテーマを一言で一気に捲くし立てていました。

 まぁ、そんな難しい場面も多いですが、最後のウエンブリースタジアムでのライブ・エイドのシーンは圧巻。実際に行われたコンサートと瓜二つの再現力も見事。この場面こそ、映画館で観る価値ありでした。

 もともと、洋楽を進んで聞く方ではなく、FMラジオから流れて来るのを聞いているだけで、クイーンに関しても、何曲か知ってはいましたが、映画を観た後はどっぷりハマっております。

 あまのじゃくは影響もされやすいのです(笑)

liveaid.jpg
posted by らぐじ〜 at 14:33| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月20日

ラグビー初め

 毎年、花園ラグビー場の売店が終わると気が緩むのか、風邪を引いてしまうことが多いのですが、今年も例に漏れず、本業が始まってからずっと風邪ひき状態でした。やっとほぼ治った感じ。

 そんな中、今日が今年のラグビー初めでした。午前中は雨が降っていたので、病み上がりの状態で、2週間全く運動していないとこもあり、かなり腰が重かったのですが、行ってみると午後から雨が上がり、日も差してきました。助かった。

 というわけで、10分交代×3本の計30分だけですが、無事に楽しんで来ました。年の初めからケガなんてシャレになりませんからねぇ。また来週から、老化防止トレーニングを再開出来そうです。

 いよいよ今年はラグビーワールドカップ日本開催の年。まさに“4年に一度じゃない、一生に一度だ!“と思っていますので、ラグビーおたくとしては、張り切っております。

 今までで一番、ラグビーを楽しめる年にしたいなぁ。

renji19.jpg
<一月の間は、家のパソコンも会社のパソコンも、これが背景>
posted by らぐじ〜 at 21:26| ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

『ハナ 奇跡の46日間』

 遅ればせながら、あけましておめでとうございます。今年もその気になった時だけ、このブログ、続けていきます。

 天気のいい3連休ながら、今年も年末年始のバイトの疲れが出たのか、本業が始まってから風邪気味。この木曜、金曜と飲みに行ってしまったこともあり、家でゴロゴロと過ごすことになってしまいました。元気ならトップリーグのカップ戦、観に行きたかったのですが。

 で、観ていなかった映画を観ることに。今日はDVDを借りてコピーしたままになっていた『ハナ 奇跡の46日間』原題は『KOREA』という、いかにもストレートな題名です。

 1991年、千葉で開催された世界卓球選手権に南北合同チームで出場することになったチーム「KOREA」の話。もちろん、製作は韓国なので、韓国側の視点で描かれているので、“実話”をもとにした”フィクション”の“フィクション”部分がどの程度かは分かりません。

 実際、優勝を決めた最後の試合はダブルスではなく、映画の中では不調だった、北のユ・スンボクのシングルのようです。

 でも、北朝鮮が作るよりは真実に近いことは間違いないでしょう。まぁ、難しいことは考えず、とにかく感動します。スポーツの力が本当にこれだけのものであれば、素晴らしいことだと思います。

 しかし、残念なのは、私自身に当時の記憶が全くないこと。1991年といえば大学を卒業して会社に入った年なので、しっかり覚えていていいはずなのですが、全然印象にないのです。

 当時、興味を持って観ていれば、映画を観た時の感動ももっと大きかったのかも知れません。

hana.jpg
<こちら、おそらく実際の、ヒョン・ジョンファ選手とリ・プニ選手>

hana2.jpg
<で、こちらが配役のお2人>

 
posted by らぐじ〜 at 22:38| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月16日

『ハドソン川の奇跡』

 11月は一度も更新なし。そうこうしているうちに12月も半ば。今年も色々納める時期がやって来ました。NHK大河ドラマ『西郷どん』も本日で完結。今年も1話も漏らすことなく見ることが出来ました。

 ちなみにラグビーの方は先週のOVER40のゲームをもって納めました。15分のゲームを4本(うち1本は半分で交代)。3勝1敗となかなかいい成績。トライにつながるパスも放れたし、いい納め方だったと思います。

 そろそろ家の中も年末に向けて色々やらなければならないことがあるのですが、腰が重く、録画してあったのに観ていなかった映画なんぞ観てしまいました。

 ニューヨークで事故に遭った飛行機がハドソン川に不時着水して、乗客155人全員が無事だったという実話を映画にした『ハドソン川の奇跡』。ただし、原題は『SULLY』。当の飛行機を操縦していた機長のニックネームです。

 事故は2009年の1月に起こったので、まだ10年も経っていません。私も当日の報道をよく覚えていますし、機長が多くの命を救ったという称賛の言葉が上がっていたことも記憶しています。

 しかし、一方で乗客の命を危険にさらした不時着水の判断は正しかったのか?という報道があったことも覚えています。実際、機長はこの判断を巡って“容疑者”となっていたというのが、この映画の内容の中心。

 コンピューターシュミレーションによれば、事故後、ラガーディア空港に引き返すことも、別の空港に緊急着陸することも可能だったという事故調査結果が一旦は出たのですが、人間の判断までの時間が考慮されていないということで、不時着水の決断に誤りはなかったという最終結論に至ったということです。

 世の中、コンピューターの進歩により、あらゆる場面でのAIの活用が取り沙汰されていますが、どこかに人間の経験や判断力を使う余地を残しておくべきではないかということを感じさせられる映画でした。

sully.jpg
posted by らぐじ〜 at 22:37| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

7年ぶりにバスケットボール

 今月は老体にムチ打って、ラグビーを2週連続、さらに先日の土曜日には7年ぶりぐらいにバスケットボールをやりました。ラグビーを2週続けた時点で、両足のアキレス腱の痛みが取れなくなってしまいました。

 寝る前に湿布を貼ったりしているのですが、朝起きると特に痛くて普通に歩けない状態。もう運動は休み休みやりなさいということでしょうね。

 ラグビーの方は置いておいて、なぜ久しぶりにバスケットボールをやることになったかというと、前々々々職で所属していたバスケットボールの仲間から、3on3の大会にOBも含めて出場するので、いかがですかというお誘いがあったから。

 さすがに恐れ多いので参加するかどうか迷ったのですが、私より先輩も来られるということなので、懐かしいお顔を拝見するいい機会だと思い参加させて頂きました。

 バスケットボールに関しては、もともと中学生レベルだった上に、3on3は初めて。それが7年ぶりに練習もせずに参加するのですから、うまく行くわけがありません。

 何とかシュートを打つ機会はあったのですが、リングにさえ当たらない…ま、恥をかきに行ったようなもんです。



 しかし、先ほど書いたように久々にお会いする先輩にも会えたし、私がその会社を辞めてから入社した人たちとも話す機会があったり、みんなでわいわいバスケットボールを楽しんで、終了後は宴会して…楽しく貴重な1日でした。

 ちゃんと練習する機会があればいいんですけど、2週続けてラグビーやるだけでアキレス腱痛くなるような状態ですから、バスケの練習する余裕なんてありません。次にやる機会があるのかどうか…。
posted by らぐじ〜 at 16:03| 自分の体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

久しぶりに繁昌亭

 9月は3連休が2回。その2度目の3連休の週に、私の同級生の落語家、桂文三が繁昌亭の昼席に出るというので、久しぶりに行って来ました。今まではずっと2階席だったのですが、今回は初めて1階席に座りました。

 今回のネタは初めて聞いたネタだったのですが、終わってから聞いたら、今回がネタ下ろしだったそうです。その割には1回も噛まんかったな(笑)。なかなか新鮮で面白かったです。

hanjotei.jpg

 繁昌亭の昼席は色んなレベルの人が出て来て、その違いを見るのも楽しいです。一番最初に出て来て、まだまだやなぁという人が、これからどうなって行くんやろうと思いながら見てみたり、ベテランの人をさすがやなぁと思いながら見てみたり。落語以外の番組も興味深いです。

 今回は終わってから、文三と喫茶店に行く時間がありました。天神橋筋商店街の昔ながらの喫茶店。スタバとかドトールと違って、レトロな雰囲気がいいですねぇ。

 何でも、最近、弟子を取ったそうでなかなか大変そうです。とうとうそんなレベルになって来ましたか。引き続き、頑張って欲しいと思います。
posted by らぐじ〜 at 00:00| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

ミズノラグビー部東西対抗戦30回記念

 気が付けば9月も終わり。今年も2桁の月がやって来ようとしています。今月は全くブログの更新してないということに気付き、あわてて投稿。

 去る9月8日、今年もミズノラグビー部東西対抗戦に招いて頂きました。今回は開催30回記念ということで、総勢60名以上の人数が集まりました。長らく続いているのと同時に、しっかり人が集まるというのも素晴らしい。

 今年は金曜日に休みを取って、先輩方3人と前日入り。今まで行ったことのなかった上田城址に寄り、別所温泉で立ち寄り湯という趣向もありました。

 対抗戦は土曜日。ミズノテクニクス(旧養老工場)からの未経験者多数を含むこともあり、まずはタグラグビーでボールに慣れてもらい、その後、簡単な“講習”を終えて試合開始(それだけか!)

 大勢が集まったということで、大阪、東京、養老の3つ巴戦(1本20分)を行うことになりました。ただ、大阪と東京は人数が足りないので、臨機応変に助っ人対応。結局、私は3本ともフル出場させて頂きました。

 軽くケガ人も出ましたが、まぁ、多少は仕方ないでしょう。無事(?)3本の試合を終えて宴会へ。ただ、大人数過ぎて、いつもの佐久山荘BBQ場は使えず、外部のBBQ場へ移動しての宴会となりました。

 50歳を過ぎて(私もですが)「俺は見てるだけでエエで」とおっしゃってた先輩方も試合に出場して、昔ながらの宴会で騒ぎ…いつまで続けていけるのか分かりませんが、来年もたくさんで楽しめたらいいなぁと思います。

tozai30t.jpg
posted by らぐじ〜 at 00:00| ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする