2015年11月22日

2日連続京都ウォーク

 3連休の最初の2日間、東京から旅の先輩が京都へやって来られるということで、ご一緒させて頂きました。ご案内して頂いたのは京都在住のこれまた旅の先輩です。お話によると、昨年と比べると、今年の紅葉はよくないとのことでしたが、それでも楽しい2日間でした。

 1日目はまず、鞍馬寺へ。これまでに私自身は2度行ったことがあったのですが、今回はケーブルカーで登ってみようということで、初体験になるはずでした。ところが、鞍馬寺の山門に着いてみるとケーブルカーが改修中で不通。歩いて登らざるを得ませんでした。

 思わぬ誤算で時間と体力を奪われた私たちでしたが、夕方、何とか拝観時間終了40分前に、第二の目的地、蓮華寺に到着。小さなお寺でしたが、紅葉に彩られた庭園が美しい、落ち着いたお寺でした。でも、去年はもっときれいだったそうです。

rengeji.jpg
<蓮華寺の庭園。夕刻で光の量が少なかったのが残念>

 2日目は東福寺へ。9時ごろに現地へ到着したのですが、紅葉見物の名所である通天橋のチケットを買う列、そして、通天橋へ向かう列がとんでもない長さになっていました。それでも敢えて撤退せず、1時間ほど並んで紅葉見物して来ました。

tofukuji.jpg
<東福寺。あれだけの人手で、人が全く写っていない写真が撮れたのはなかなか…>

 3連休と紅葉の時期が重なっているとはいえ、この日の京都はスゴい人出だったのでしょう。次の目的地、伏見稲荷も大賑わいでした。外国人観光客の人気が高いとは聞いていましたが、外国人だけではなく、日本人も多かった…とにかく人が多かった。

 しかし、ここも人込みを掻き分けるように、名物の鳥居が立ち並ぶ山道の参道を汗だくになりながら登り続け、無事、一番上の一の峰までたどり着いて来ました。途中、あらたな鳥居を建てている様子も見ることが出来ました。

toriine.jpg
<鳥居寄進料>

 2日間、とにかくよく歩きました。おかげさまで少々、足にダメージが来ています。しかし、これからもこういう楽しみを続けていくためには、日頃から歩けるようにしておかなければなりませんねぇ。明日が休みでよかったです。
posted by らぐじ〜 at 21:51 | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

早起きの老体たち

 本日はOVRE40のラグビーのゲーム。場所は西宮。集合時間がなんと9時会社に行くより早く起きて、家を出なければならないという理不尽。最後に駅から乗ったバスが、ぐるりと遠回りして目的に着くというコースだったため、家からほぼ2時間掛かりました。

 遠足の朝は早く目が覚めるような歳の子供でもなければ、放っておいても5時ぐらいに目が覚めてしまうという老人にもなっていない中途半端な人間なので、少々、ツラかったです。天気もあまりよくなかったですしねぇ。

 まぁ愚痴はこれぐらいにして、現地に着いてストレッチをして、試合が始められれば早起きのことも忘れます。OVER40の試合なので、スクラムの押し合いもなしで15分ハーフ。100kg越えの巨体の人にタックル行くのは大変ですが…。

 快調に体が動いた感じで、1試合目ではおいしいトライもさせて頂きました。あまりバテることもなく、2本目の15分へ。100kg越えの人に尻餅を付かされることもありましたが、いつになくボールタッチが多く、楽しませてもらいました。

 朝早い分、終了も午後1時。早くても終わった後はビール。あとは帰って寝るだけという、結局は幸せな1日だったのかも知れません。

nisinomi.jpg
<会場は人工芝>
posted by らぐじ〜 at 21:24 | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

みたらい渓谷から洞川へ

 11月に入って紅葉のシーズン。もちろん、場所によりますが。昨年は箕面の滝へ行きましたが、今年は以前から行きたいと思っていた、奈良の天川村へ行って来ました。みたらい渓谷という紅葉の名所があり、遊歩道が付いているということで。

 1時間20分ほど電車に揺られて下市口という駅からはバス。シーズンとあってたくさんの人が列を作りました。ということで、全員が座れるようにバス2台仕立てとなりました。1時間弱で天川川合という遊歩道の最寄りバス停に到着。

 ここから目的地の天川洞川までは2時間以上。初めは川沿いに通常の道を歩き、やがて遊歩道に入ります。川底には大きな岩がゴロゴロしているような流れで、水はとても澄んでいました。川岸にはところどころに黄色や紅に色づいた木々。

 でも、いわゆる“みたらい渓谷遊歩道”は1時間ほど歩いた辺りからが本物。一気に急坂の続く山道に入り、渓谷は滝が次々と現れる急流となります。紅葉は散り始めの感じでしたが、滝や大きな岩々との重なり具合は絵になりました。

mitarai.JPG
<こんなに滝が多いとは思いませんでした>

 見どころの急流と紅葉は1時間ほど。最後の30分は杉木立の中をひたすら歩いて洞川地区へ。ここは、大峰山で修行をする修験者の方々の宿泊場所です。実は、高校時代のラグビー部の夏の合宿地がここでした。訪れたのは30年ぶり。

masugen.JPG
<多分、当時のままだと思う…>

 当時のことは宿泊した旅館と練習グラウンドの行き来ぐらいしか覚えていないので、周辺の様子がどうだったか全然分からないのですが、昼食を食べに入ったお店の人によると、旅館街はそんなに変わらないけれど、おみやげもの屋などの店舗の範囲は広がったとのこと。

 広がった原因は、ちょうど遊歩道の終点に出来た村営の温泉センター。いわゆる村はずれだった場所に出来たのですが、そこまで観光客向けのお店が広がったというわけです。私も汗を流しにゆっくりと入って来ました。入浴料600円。

 その他にも観光する場所はあるのですが、日帰りだと少々時間不足。帰りのバスは3台仕立て。いつか1泊でまた行ってみたいなぁと思います。
posted by らぐじ〜 at 23:13 | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

ニュージーランド連覇!

 今日から11月。昨日でラグビーワールドカップが閉幕しました。ニュージーランドが大会史上初の連覇という結果でしたが、とにかくラグビーおたくにとっては至極の1ヶ月半でした。こんなにたくさんの好ゲームや名場面を観られるとは。

 もちろん、一番のハイライトは日本代表の南アフリカ戦勝利。次回、日本でのワールドカップ開催に向けて、これ以上ないアピールになったことでしょう。なんか、日本国内より欧州やオセアニア方面の方がより大騒ぎになっていたような気もしますが。

 それでも、そういう国の人たちが、日本での開催に興味を持ってくれたことは間違いないでしょう。閉会式でこんな映像を流せるようになるとは、誰も想像が出来なかったと思います。

 昨夜は飲みに出掛けていたのですが、とにかく決勝戦の放映に間に合うように帰宅。急いで風呂に入ってテレビの前へ。途中、少々眠気と戦った時間もありましたが…オーストラリアが一時追い上げたこともあり、無事、最後まで観ることが出来ました。

 特に、今大会で国の代表選手を退くと予想される選手の充実が目に付きました。中でもニュージーランドのダン・カーターは出色。前回大会、ケガで途中からチームを離脱。決勝戦の舞台に立てなかった無念を晴らさんばかりの活躍でマン・オブ・ザ・マッチ

d-carter.jpg
<カーター様、満面の笑み>

 他にもそれぞれの選手が色んな思いで戦っているのが伝わってくるような試合でした。終わってしまったのが寂しいですが、4年に1度だからいいんでしょうね。4年に1度じゃないと、選手生命もたないだろうし

 4年後に日本での開催となるラグビーワールドカップ。あっという間に来てしまうんでしょうか?私はただ待つだけでいいんでしょうかねぇ(笑)
posted by らぐじ〜 at 22:19 | TrackBack(0) | RWC2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする