2016年04月16日

久しぶりの『ラクゴリラ』

 昨日は久しぶりに同級生の落語家、桂文三の出演する落語会『出没!ラクゴリラ』に行って来ました。確かに、前回の20周年記念(第120回目)には行ったのですが、太融寺で行われる通常の会に行くのは本当に久しぶり。

 というのは、この会の開演が午後6:30。うちの会社の定時が6:00。定時ですぐに帰ることが罪悪とされている感のある我が社では、この6:30の開演に間に合うように退社するのが至難のワザなのであります。(かといって、残業しても残業代は出ません)

 しかし、20周年記念の会を観て、やっぱり面白いなぁと思ったこともあり、昨日は意を決して6:10に退社。無事に開演に間に合いました。その代り、仕事が残ったので、明日の日曜日の午後は出勤の予定(苦笑)。

 昨日はトリを務める笑福亭生喬さんの『百年目』という演目が少々長いということで、他の3人は短めの演目を選ぶという、同期同士ならではの気遣いの公演でした。おかげで、いつもより少々早く終わってしまうというオチ付き。

z1goria.JPG

 今回も色々と勉強になりました。落語はただ面白いというだけでなく、歴史の勉強や人としての色々な心構えなどの勉強になります。気晴らしだけでなく、心を改める機会にもなるので、今後も出来るだけ観に行きたいと思います。

 熊本での大地震、相変わらず私は何もせずに情報を聞いているだけですが、出来るだけ被害が大きくならないことを祈るのみです。
posted by らぐじ〜 at 22:24 | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする