2016年11月03日

大腸検査結果

 今日は文化の日。昨日、飲み過ぎたせいもあって、1日中、何もせずにゴロゴロしておりました。いい天気だったのにねぇ。

 先週土曜日に大腸のX線検査に行って来ました。10月の初めに内視鏡検査も行ったのですが、この時は肛門の入り口から一部分の検査のみ。この部分に病気の7割が集中するということだったのですが、結局、奥まで調べておきましょうということになりました。

 前回は当日の朝食を抜くだけでしたが、今回は前々日の木曜夜から食事制限。木曜の晩ご飯は素うどんと豆腐、鶏肉の団子。要は脂質や繊維質はダメということ。そして金曜日は朝ご飯、昼ご飯はおかゆ、晩ご飯はポタージュスープのみでした。

sanken.jpg
<こちらが検査食セット。強制購入です(笑)>

 救いは果汁100%や茶葉の入ったお茶以外の水分摂取はOKだったこと。コーヒーやらジュースやらを飲んでいると思ったほど空腹感はなし。ただトイレに行く回数が増えましたが。

 そして、金曜日の夜に200mlの下剤プラス錠剤の下剤4錠。これで夜中に2回、起こされることになりました。さらに当日は朝は座薬の下剤。以上「下剤三兄弟」の協力により、私のお腹の中は空っぽになったと思われます。

 当然、当日の朝食も抜きで病院へ。検査自体は健康診断時の胃のX線写真検査と同じ。ただバリウムを入れる場所が上からか下からかが違うだけ。ちなみに大腸を膨らませる空気も下から注入(胃の検査の場合は口から発泡剤ですよね)。

 で、検査台の上でゴロゴロと方向を変えながら写真を撮ってもらうというわけです。

 結果は今週の火曜日に判明。特に問題は見付からなかったということで、1か月間にわたる大腸検査騒動(大げさ)は無事終了致しました。まぁ、思ったほどツラいものでもないので、面倒ではありますが、検査しておいて損はないかも知れませんね。
posted by らぐじ〜 at 18:22 | TrackBack(0) | 自分の体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする