2010年04月18日

『はてなの茶碗』

 おっと、書くのを忘れていたことがありました。先週の木曜日のお話。まだまだ仕事に慣れなくて、仕事帰りに寄り道する気にもならないなんて書いておきながら、木曜日は寄り道して帰りました。

 寄り道先は、私の友人である落語家の桂文三が出演する落語会『ラクゴリラ』。今回で85回目。年に6回しか(大阪では)開催されませんので、すでに15年目に突入というわけです。立派やなぁ。

 桂文三(当初は桂つく枝)と同期入門の落語家4人と前座1名の5席が毎回披露される寄席ですが、今回、一番面白いと思ったのが、桂こごろうさんが演じた『はてなの茶碗』でした。

 普段から落語が好きで、色々な寄席に足を運んでおられる方なら、誰でもご存知の演目かも知れないのですが、私がこの演目を見るのは初めて。限られた時間に収まるギリギリの長さなのか、枕(落語の本題に入る前の導入部)なしで始まりました。

 まぁ、とにかくただ面白いだけではありませんでした。人情味溢れる登場人物を桂こごろうさんが軽快なテンポで熱演。笑いどころ満載な上に、感動で涙が出そうになるようなお話でした。

 いやぁ、これは是非、もう一回見たい。この噺やってくれる寄席、探してみようっと。

rakg1004.jpg
posted by らぐじ〜 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック