2011年01月11日

観劇

 昨日の夜は珍しくお芝居を観に行って来ました。場所は京橋花月。「なんや、吉本かいな」と思われる人もいらっしゃるかも知れませんが、ただの吉本新喜劇とはちょっと違います。確かに出演者は吉本新喜劇にも出ている4人が中心。

 でも、吉本新喜劇の役者さんの中にも、シリアスな演技が出来る方がいるんです。今回はそんな役者さんのうちの2人、秋田久美子ちゃん佐藤太一郎君が自らプロデュースした“笑えて泣けるせつない時代劇コメディ”『GOD ONLY KNOWS』

 確かに、吉本新喜劇独特の定番ギャグもあちこちに飛び出すし、ボケと突っ込みも満載なのですが、話のスジは結構シリアス。そして、ラストシーンが近付くに至っては、会場からすすり泣きのような声まで聞こえました。

 この両極端な演技を見事に演じたのは、先の2人と浅香あき恵姉さん、そして高井俊彦君。秋田久美子ちゃんがヒロインのお花、その姉を浅香あき恵姉さん。

 さくらんぼの種を食べてしまったお花が、桜の木に変化していってしまうのを、オランダで学んで来た医学で懸命に治そうとするのが、幼なじみでお花に恋心を抱く太郎(高井俊彦君)。語りとお花の飼い犬のタロウ役を佐藤太一郎君が演じました。

 いつもテレビで見ている新喜劇の人たちが、どこまでシリアスな演技が出来るんやろうと思ってましたが、最後のクライマックスでは一切の笑いなし。涙を誘う感動のシーンを見事に演じ切ってました。

 秋田久美子ちゃんの着物姿はかわいくてキレイやったし(なんで結婚してしもたんやぁ)、あき恵姉さんのお芝居は貫禄たっぷりやったし、満足でした。

 そもそも、なぜこのお芝居を観に行くことになったかというと、mixiの“足あと”に佐藤太一郎君が足あとを付けていたから。私も足あとを付けたところ、彼からマイミク申請とお芝居へのお誘いが来たんです。

 ソーシャル・ネットワーク、恐るべし。お誘いを頂いた佐藤君に感謝です。吉本新喜劇には他にもこういうお芝居が出来る人がいると思うので、どんどんこんな企画を増やして欲しいなぁと思いました。

 godonlyk.jpg
posted by らぐじ〜 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック