2011年09月10日

ワールドカップ開幕

 いよいよ待ちに待ったラグビーワールドカップが開幕しました。今回で7回目の開催となるこの祭典、開催地は第1回目以来24年ぶりとなるニュージーランド…なんで俺、日本にいるんだろう。開催期間中はニュージーランドにいるはずだったのに…

 などというバカげた夢も、失業中とあっては開催期間中どころか1日たりとも現地観戦はかなわず、もっぱら家でテレビ観戦。大会初日は開幕セレモニーとオープニングマッチのニュージーランド対トンガ戦。

 開幕セレモニーは30分ほどの短いものでしたが、早く試合が観たい私にとっては、これぐらいで充分でした。先住民マオリ族の文化を尊重するニュージーランドらしい演出だったと思います。震災で試合を開催出来なくなったクライストチャーチへの思いも込められていました。

aklfirew.jpg
<セレモニーの時間に合わせて、オークランドのハーバー周辺では花火も>

 ラグビーワールドカップでは開催国がオープニングマッチに登場することになっているので、開幕セレモニー直後の試合に地元ニュージーランドが登場。第1回の地元開催で優勝して以来、毎回優勝候補に挙げられながら、ずっと2度目の優勝は達成出来ず。

 ラグビーのプロ化により大会規模が巨大化した今、人口400万人の小国、ニュージーランドがワールドカップを開催出来るのは経済的に今回が最後とも言われているので、是非、地元開催で2度目の優勝をという国民の期待は計り知れないと思います。

 なにせ“ラグビーが宗教”とまで言われる国ですから。

 さて、そんな中、対トンガ戦。両国ともに試合前にハカ(伝統的な戦いの踊り)を行うの国なのですが、両方いっぺんにやるのではなく、順番がコイントスで決められているというのは今回初めて知りました。

 前回(多分2003年大会)両国が戦った時は、ニュージーランドが先に始めたものの、途中でトンガが始めた上に、両国選手がにじり寄って一触即発の雰囲気になり、会場が大いに盛り上がったのですが…今回は順序良く披露されました。

 これから約1ヵ月半続くこの大会。このブログでは出来るだけ試合内容からは離れた話題を取り上げていこうかなと考えています。ただし、日本戦に関しては試合の話になってしまうと思いますが…で、今日の日本vsフランス戦についてはまた明日。
posted by らぐじ〜 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | RWC2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック