2011年09月17日

対ニュージーランド

 ラグビーワールドカップ大会6日目。日本代表の2試合目の対戦相手は世界ランク1位のニュージーランド。開催国にして優勝候補筆頭の…もう強豪なんてレベルじゃないかも。結果は報道されている通り7−83で日本代表の完敗でした。

 試合前、試合中はハラハラドキドキでした。ひょっとしたら日本代表が世界のラグビーファンを驚かせてくれるかも(勝てるかもという意味ではありません)知れないという期待と、一方で前回対戦以上の無残な負け方をするんじゃないかという不安で…。

 前回対戦というのは、1995年の南アフリカ開催ワールドカップでの対戦。決勝トーナメントに進出する可能性がなくなった日本は、表面上“若手に経験を積ませる”布陣で対戦。一方のニュージーランドも決勝トーナメント進出が決まり、若手中心のメンバー。

 言葉ツラでは同じ“若手”中心なのですが、ニュージーランドの若手たちは「ここで自分をアピールしなければ」という気持ちに溢れ、縦横無尽にグラウンドを走り回りました。当時、NHKで生放送されていたのですが、どれだけ途中で見るのを止めようと思ったことか。

 終わってみると17−145という記録的な惨敗。

 このときの点差は今でもワールドカップの最多失点記録。映画『インビクタス』でも、モーガン・フリーマンが演じるマンデラ大統領が結果を聞いて「それはラグビーの試合なのか?」と聞き返すシーンがあるぐらいです。

 それ以前からの日本のラグビーファンにとっては、やはり“あの時に比べて”日本代表は強くなったのか?という見方をしたのは当然でしょう。そして、今回の7−83という結果を見ての受け止め方は人それぞれではないかと思います。

 今回も日本代表は主力メンバーを温存するメンバーで臨みました。中4日で次のトンガ戦があるからです。残り2試合のトンガ戦、カナダ戦については、ここ最近の対戦成績からみても何としても勝ちたいという考えからです。

 先にベストに近い出場メンバーを発表していたニュージーランドは、この日本のメンバー発表を見て、主力3人を当初の発表メンバーから引っ込めてしまいました。このことに対しても、「日本がニュージーランドに対しての敬意を欠いている」との批判が起こっています。

 でも、このことで日本代表は自らハードルを上げることにもなったと思います。メンバーを落として、前回対戦以上の惨敗を喫する危険を冒してまで、残り2戦に勝つことに賭けたのですから。

 過去6回のワールドカップで1勝しかしていない日本代表。残り2試合に勝てば、ここまでの批判は全て消し去られてしまうのではないかと思うのです。期待しています。

minsilen.jpg
<試合前、ニュージーランド首相も列席し、両国の地震被災者に対する黙祷が捧げられた>
posted by らぐじ〜 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | RWC2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック