2012年10月23日

ついに100回目!『出没!ラクゴリラ』

 昨日は朝から単発1日バイト。思ったより早く、午後3時に終了してしまいました。時給の私としてはもう少し長くてもよかったのですが、さらに困ったことに、夜6時過ぎから落語会を観に行く予定になっていたのです。何とか潰しましたよ、3時間

 今まで何度もご紹介させて頂いてきた、私の同級生の落語家、桂文三が同期入門仲間4人で始めた落語会『出没!ラクゴリラ』が記念すべき100回目を迎えました。年6回の公演なので、ここまで来るのに17年。初めは20畳もないような会館で始まりました。

 最初は30数名のお客さん。もちろん、中には演者の親族や内輪の方々も多かったことでしょう。それが昨夜は100人を楽々越えるお客さん。お寺のホールを借りての落語会ですから、この集客力は素晴らしいと思います。入場には整理券が必要(!)

 最初の小さな会館から、やがてワッハ上方レッスンルームに場所を移し、現在は太融寺というお寺のホールで開催されています。今ではすっかり「今日はお客さん入ってるかなぁ」などという心配は無用になりました。もしろ入れるか心配なぐらい。

 4人のうち、私の同級生は桂つく枝から桂文三を襲名して名を改め、桂こごろうさんは桂南天を襲名されました。みなそれぞれ成長しておられます。そして年も取られました。当初は笑福亭生喬さんだけ薄かった頭髪も、4人とも少し怪しくなって来ました。

 さて、記念すべき100回目の番組は、第1回目と全く同じ番組にしようという案も出たそうですが、これは林家染丸さんが頑として受け付けなかったらしく、下のような番組となりました。

100pg.jpg

 どういうわけか、今回は私が身につまされるような落語が多く…34歳独身の無職が定職を求めて歩く話とか、花街の芸子に熱を上げて金をつぎ込み、外に出られないように100日間も蔵に閉じ込められる話とか…あ、ただし彼の場合は大店の若旦那さんですけどね。

 とにかく、無事100回目を迎えられて、そしてその記念すべき回を観に行くことが出来て、本当によかったです。これからもこの回は続けて行くらしいので、今後も出来るだけ観に行きたいなぁと思っています。

100gori.jpg
<今回の観覧者全員に、写真左のハンドタオルが配られました>
posted by らぐじ〜 at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック