2015年10月24日

木津川でカヌー

 先週のお話。ここんとこ、休みが取りにくい仕事というか会社のせいで、世界というか視野が狭まっているなぁという気がしていたのですが、近場でいい機会を見付けたので行って来ました。少々、仕事もヒマで心に余裕もあったので。

 参加したのは四万十塾という文字通り四国の四万十川に拠点を置く、カヌーツアーを催している会社のイベント。なんと京都の笠置での1泊2日キャンプ&木津川でのカヌートレックツアー開催とのこと。紹介してくれたのは、こちらの会社の方。一緒に参加してくれました。

 カヌーを漕ぐのは、このとき以来6年ぶり2回目。キャンプなんてするのも久しぶりなので、準備も一苦労。もちろんテントはレンタル。笠置のキャンプ場はJR駅から近いので便利なのですが、思ったよりたくさんの人がキャンプに来ていて驚きました。

 小学生の頃、笠置で飯盒すいさんをしたという記憶がわずかにあるのですが…学校の行事だったか子ども会の行事だったかも覚えていません。でも、他にキャンプ場なんてないと思うので、おそらくこの場所だったのだと思います。

kizucamp.JPG
<個人としては1泊600円。立派なタープは四万十塾さんのものです>

 到着して、四万十塾スタッフに挨拶して、テントを借りて設営。すでに他の参加者はほとんど到着していた上に、何度も参加している常連の方ばかりのようでした。すぐに昼食の準備が始まったのですが、初参加ということで何をしていいのやら

 ま、ウロウロしているうちに昼ご飯が出来上がり、しっかりと食べさせて頂きました。ちなにも料理のほとんどはスタッフの方がやって下さいます。参加者は手伝う程度。2日目の昼食まで、キャンプとは思えないご馳走にありつけます。

 そして午後はいよいよカヌーへ。1日目は漕ぎ方のレクチャーとキャンプ場近くの川面で慣れる程度。しかし、6年ぶり2回目ですからね。初めてみたいなもんです。しかも、ユーコン川で習ったのとは少々違う漕ぎ方もありました。

 一番違ったのは、“右漕ぎ”の人と“左漕ぎ”の人に完全に分かれること。基本的には2人乗りで漕ぐのですが、右の人はず〜っと右漕ぎ。ユーコンの時は疲れたら変えてたんですけど…。ちなみに私は右漕ぎでした。

 1日目でなんとなくそれなりにカヌーを動かせるようになり、2日目は午前から夕方まで木津川を下りました。昼食は途中の川原にて。ツアー中は原則、時計をはずすということになっていたので、何時に出発して何時に終わったのか分からなかったのですが…。

 おそらく距離的には7kmぐらい漕いだんではないかと思うのですが、最終目的地に到着したのは午後4時半頃だったと思われます。

 自宅から2時間弱で行ける場所でのアウトドア生活と、一人では経験することの出来ないカヌーでの川下り。久しぶりに日常を完全にはずれた世界に入ることが出来ました。ほんの1泊2日でしたが、今の私には貴重な時間。ありがとうございました。

kizcanoe.JPG
<天気に恵まれ、午後の日差しに向かってのんびり>
posted by らぐじ〜 at 22:02 | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック