2007年06月26日

ベジタリアン

 海外へ行って、海外の人の行動や町の様子を見たり、外国人の人たちと一緒に旅をしたりすると、各国色々な文化や習慣の違いが分かってとても面白い。

 今回は日本に来た外国人と一緒に2日間行動したのですが、やはり色々と面白いことに気付きました。

 会う前に「多分、ベジタリアンだったような気がする」と聞いていたニックはやはりベジタリアンでした。

 日本人の中にはベジタリアンってどれぐらいいるのでしょう?歴史的、文化的な視点から見ると、もっとたくさんいてもいいような気もしますが、あまり周囲には見掛けません。というか、私の知人には一人もいません。(でも、こんな組織もある)

 海外へ行く飛行機の中では、結構いるような気がしませんか?去年乗ったシンガポール航空では、ベジタリアンの人の座席に目印のシールを貼っていたのですが、その量が結構多かったのに驚きました。

 去年のオーストラリアで参加した現地のツアーでは、15人中2人がベジタリアン。1人はアイルランド人、1人はイギリス人。ん?アイルランド人には多いのかな?

 まぁ、私自身に何の影響もないので、ベジタリアンの存在を気にすることはほとんどなかったのですが、今回はそうはいきませんでした。一緒にご飯を食べるんですから。

 で、まずニックに確認してみると、「僕だけはベジタリアンだけど、他の家族は何でも食べるから、色々メニューのあるところに連れて行ってくれれば、僕は自分の食べられるものを食べるよ。」とのこと。

 う〜ん、かといって、せっかく大阪に来たんだから、大阪らしいものを食べて欲しいし…串かつなら野菜だけ注文すればいいから大丈夫だなぁと思ったら、どこも長蛇の列。

 一緒に案内した美香ちゃんと相談して、「お好み焼屋で何か頼んで、肉とかエビとかは抜いてもらったらええんとちゃう?」ということになりました。

 ということで、お店のおばちゃんに相談すると、「洋風焼でベーコン抜きましょか?」。洋風焼にはコーンとチーズとベーコンが入っていました。

 「ニック、チーズはOKなの?」
 「あ〜、チーズはOKだよ」

 めでたし、めでたし。

 でも、美香ちゃんいわく、「お好み焼の(生地を溶くための)ダシの中に絶対カツオとか入ってるで。ええんかなぁ?」

 考え始めると、お好み焼には卵も入ってますからね。一体、どこまでがOKで、どこからがダメなのか…?これにはベジタリアンにも色々と種類があるようで、「まぁ、チーズがいいって言ってるから大丈夫なんじゃない。」と決め付けました。

 晩ご飯はうどん屋さんにしたのですが、ここではちょっとした失敗が。

 ニックが頼んだのは「おにぎりと煮しめのセット」。このお店、英語のメニューが置いてあったので、中に何が含まれているかも書いてありました。

 「僕はこれにするんだけれど、この「Fish-cake」は除いてもらって欲しい。」

 ん?“Fish-cake”って何じゃ?

 店員さんに聞いてみると「かまぼこですね」。あ〜、なるほど、“Fish-cake”ね…。ということで、煮しめはかまぼこ抜きにしてもらって、今回もめでたし、めでたし…かと思ったのですが。

 一緒に注文した「赤だし」に問題が。もちろん、“味噌スープ”って言ってもカツオか何かのダシは使われていると思われますが、問題はそれではなく、“具”。

 隣で赤だしをすすっていたニックが「これ何?」とお椀を差し出しました。中にはハモが…。さすがにメニューに赤だしの“具”までは書いてありませんでした。まぁ、でも口にする前に気付いたようでよかったとしましょう。

 ところが、ところが、次の日にはとうとう口にしてしまったのです。

 ニックたちは、観光の途中で特に子供たちが「おなかすいた〜」と言ってゴネたときのために、色々とコンビニで買い込んでいました。お菓子みたいなものばかりかな〜と思っていたのですが…。

 見かけが食べやすそうなので、何だかよく分からないけど買ったんでしょうね。いわゆる“ねりもの”をいくつか買っていたんです。かまぼことか平天(さつまあげって言ったほうが分かる?)とかを…。

 水族館の待ち時間を潰すために、ローリーをキッズランドで遊ばせている時でした。奥さんがかじった跡のある「別寅」の商品を出して聞きました。「これって何で出来てるの?」

 見ると、卵と魚のすり身で作った“ねりもの”でした。

 「Ah…Fish-paste and egg.」

 奥さんは「やっぱり…」という顔をして、「ニック、ごめんなさい。これ、魚が入ってるらしいわ」と謝っていました。ニック、かじっちゃったんですね。

umeyaki.JPG
<ニックが食べちゃったのはこれ。別寅の梅やき。>

 こんなことなら、前日のうどん屋さんでかまぼこを見せるだけでも見せておけばよかったかなぁ。見たこともない食べ物に何が入っているかなんて、分かんないですよね。しかも、表示は日本語で読めないし。

 さて、ニックは日本にいる間に、一体どれだけ食べてはいけないものを口にすることになるのでしょうか。

hiraten.JPG
<3歳のローリー君は、電車の中でこれをかじってました。>
posted by らぐじ〜 at 17:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうか

カニカマを食べさせよう。
カニじゃないんだぞと教えてあげる
Posted by 175 at 2007年06月28日 17:23
カニじゃないけど、魚は使われてるからダメです。
Posted by らぐじ〜(175へ) at 2007年06月28日 18:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45964644
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック