2005年08月04日

モンゴル報告(9) 旅の仲間たち

 毎回、地球探検隊企画「大人の修学旅行」では、色々な仲間と一緒に旅することが出来、新しい仲間が増えていくのですが、今回も過去の3回とは違った、そしてとても楽しい仲間と出会うことが出来ました。

 毎回、一緒に旅した仲間には“チーム名”が付くのですが、今回のチーム名は「超 ХОР ХЗЛ(チョウ ホルヘル)」…なんじゃ、そりゃ?って感じでしょ?

 乗馬のときに、馬に動き出して欲しいときは「チョウ!」と声を掛けるのですが、私達ではちょっと発音が違うせいもあって、言ってもなかなか思うように動いてくれません。そうなると、何度も「チョッ!チョウ!チョウ!チョー!…」と叫ぶのですが、それがあちこちで聞こえて何やら妙な感じ…変に耳に残ってしまうし…。

 その掛け声と“とても、すごく”の意味の超を掛けたのですね。で、「ХОР ХЗЛ(ホル ヘル)はというと、モンゴル語で、ホル=毒ヘル=舌という意味で、会った初日から遠慮なく毒舌を連発し合っていた今回のチームの特徴(?)を現したものなのです。

 では、その特徴に着目しつつ、今回のメンバーを一人ずつご紹介。

ひろこ…最年少の現役大学生。愛知県が地元ながら、東京で就職を決めてしまい、親との確執の中、黙って旅行に来てしまった、見かけによらず思い切ったことの出来る女の子。

いずみ…まさに今回のキーマン、じゃなくてキーウーマン。25歳ながら昼間っからオッサンのようにビールをかっ喰らい、キャンプ場のビールがなくなるのを本気で心配していた。毒舌連発の発端は彼女。

カナ…最初にいずみの毒舌に対抗したのは彼女。彼女も家に黙って旅行に出発。成田から“行ってきますハガキ”を出していました。

さとし…男性3人の中で、唯一のさわやか系で女性陣の熱い戦いを冷ますことの出来る存在でした。でも、今回唯一の無職でした(8月1日より再就職)。

やまちゃん…とにかく馬が好き。乗馬をするためにモンゴルに来た男。もちろん、馬と会話することも出来ます。

ちかちゃん…身長171cm。すらりとしたスタイルの持ち主の正体は某航空会社のスチュワーデス。でも、仕事ではかなりお疲れのようです。「チョウ!」の回数は彼女がトップ。

菜穂子…3日間手綱を引いてくれた9歳のバスカにぞっこんになってしまいました。ただ、それゆえ行方不明になりかけることも…。

ありもっちゃん…なぜか一人だけ準備万端の乗馬スタイル。女性陣の中では数少ない初日からの一人歩きでした。

よ〜こねぇ…いずみの毒舌の格好の的。しかし、ひらひらと軽く交わすような対応はさすがでした。多分、私と同じ歳ぐらいですが…最後まで聞けませんでした。

しげこさん…アラスカでも一緒だったしげこさん。前回は夫婦で参加でしたが、今回はお一人で参加。よ〜こねぇとのライバル意識が、最終日に馬を一人歩きさせるところまでたどり着かせました。

まあさ…地球探検隊スタッフ。さすがに初日からの毒舌連発には、チーム崩壊の不安を感じたようですが、「かえって気を遣わなくて済んだ…」とのこと。実は“なるようになる”派なのかも…。

 すでに全員集合で写真交換会も済ませ、それぞれが今回のメンバーに対して“仲間意識”“チーム意識”を持てたようです。
0073.jpg
<メンバー全員とトゥル&イギーで記念撮影>

 まだまだチーム「超 ХОР ХЗЛ」はスタートしたばかり。今後も何度も再会を重ねて行くことでしょう。

 最後に、今回の旅を期待以上の楽しいたびにしてくれた、チーム「超 ХОР ХЗЛ」の一人一人に感謝したいと思います。ありがとう!
posted by らぐじ〜 at 22:28| Comment(2) | TrackBack(0) | モンゴル報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
らぐじぇ〜こちらこそ
「ありがとう」
振り返るとホント楽しかったね!!
ってか 質問!!発端てオレだったの!??
ぜんぜん知らなかった。。。あんど
「毒舌」チームに自分も入ってたなんて知らなかったわ。。。 おひょひょ。
Posted by いずみさん。 at 2005年08月04日 23:38
私も、いずの毒舌に最初に反応したのが自分なんて認識、全然なかったっす。
そもそも誰が「毒舌」チームの主役なんですかねぇ〜?

だけどだけど、ほ〜んと楽しい旅行でした。
ありがとう!
らぐじ〜の風邪薬も効きました。ありがとう!

次はみんなで関西で♪
それまで馬頭琴の練習に励みます。
ってか、その前にまず買わにゃ。。
Posted by カナ at 2005年08月06日 00:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック