2015年11月01日

ニュージーランド連覇!

 今日から11月。昨日でラグビーワールドカップが閉幕しました。ニュージーランドが大会史上初の連覇という結果でしたが、とにかくラグビーおたくにとっては至極の1ヶ月半でした。こんなにたくさんの好ゲームや名場面を観られるとは。

 もちろん、一番のハイライトは日本代表の南アフリカ戦勝利。次回、日本でのワールドカップ開催に向けて、これ以上ないアピールになったことでしょう。なんか、日本国内より欧州やオセアニア方面の方がより大騒ぎになっていたような気もしますが。

 それでも、そういう国の人たちが、日本での開催に興味を持ってくれたことは間違いないでしょう。閉会式でこんな映像を流せるようになるとは、誰も想像が出来なかったと思います。

 昨夜は飲みに出掛けていたのですが、とにかく決勝戦の放映に間に合うように帰宅。急いで風呂に入ってテレビの前へ。途中、少々眠気と戦った時間もありましたが…オーストラリアが一時追い上げたこともあり、無事、最後まで観ることが出来ました。

 特に、今大会で国の代表選手を退くと予想される選手の充実が目に付きました。中でもニュージーランドのダン・カーターは出色。前回大会、ケガで途中からチームを離脱。決勝戦の舞台に立てなかった無念を晴らさんばかりの活躍でマン・オブ・ザ・マッチ

d-carter.jpg
<カーター様、満面の笑み>

 他にもそれぞれの選手が色んな思いで戦っているのが伝わってくるような試合でした。終わってしまったのが寂しいですが、4年に1度だからいいんでしょうね。4年に1度じゃないと、選手生命もたないだろうし

 4年後に日本での開催となるラグビーワールドカップ。あっという間に来てしまうんでしょうか?私はただ待つだけでいいんでしょうかねぇ(笑)
posted by らぐじ〜 at 22:19 | TrackBack(0) | RWC2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

日本代表終戦

 3連休。2日目の日曜日にラグビーの試合がある予定でしたが、人数不足により棄権。試合前日の夜で4人しか集まってませんでした。ラグビーは少なくとも1チーム15人必要です。4人では7人制の試合すら出来ません。

 そんな情けないチームとは違うハイレベルな(もう別のスポーツとも言っていいかも)戦いが続くラグビーワールドカップ。日本代表は予選プール敗退が決まった中で、アメリカ代表に勝利見事に3勝目を上げ、有終の美を飾りました。

 アメリカ代表なら勝てるだろうという雰囲気になっていましたが、まだワールドカップでアメリカに勝ったことがなかった日本。やはり、パワーに押されて苦戦する場面も見られましたが、それでも負けなくなったところが、今回の日本代表の強さでしょう。

 みんな体中にケガを抱えながら、最後まで体を張り続け、溜まる疲労の中、最後まで走り続けた姿は本当に素晴らしかったです。まだまだベスト8以上の本当の地力はないと思いますが、日本のラグビーはこういうものだというのを世界に発信できたのではないでしょうか。

 来週から決勝トーナメント。また1ランク上の戦いが始まります。今回、日本代表の活躍でラグビーに初めて興味を持った人、是非とも、日本代表が進めなかったさらに上のレベルのラグビーも観て欲しいと思います。

 ラグビーワールドカップ2015はまだまだこれからです。

rwcJP15.jpg
<お疲れさま。そして、ありがとう。>
posted by らぐじ〜 at 22:08 | TrackBack(0) | RWC2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

RWC2勝目!

 早くも2桁の月になってしまいました。今年も残すところあと4分の1。歳のせいか、無意味に日々が進んで行くのが早いのなんの。ついでに歳のせいで、1週間前の試合のダメージが残ったまま。昨日の老化防止トレーニング、アキレス腱痛で走れませんでした。

 南アフリカ戦のあと、中3日でスコットランド戦なんて、とんでもないなぁ。って全然レベルも違うし、鍛え方も違うんですが。とにかく、感服致します。

 さて、歴史的1勝のあとは、今までの日本代表に戻ったかと思われたのですが、3戦目のサモア戦に思わぬ快勝。やはりホントに強くなっているんですね。サモアに26−5なんてスコアで勝つなんて。しかも、本物のサモアに

 サモアとのテストマッチ対戦成績は過去3勝11敗。しかも、3勝といっても、ヨーロッパにほとんどのレギュラー格の選手が出稼ぎに出ているため、勝ったのは全て主力抜きのサモア。欧州組の一線級を揃えたサモアに勝ったのは初めてでしょう。

 というわけで、南アフリカの勝利ほどではないですが、今回もそれなりの番狂わせ。世界ランキングではひとつしか違わないものの、試合前の英国ブックメーカー(懸け屋)の評価は圧倒的にサモア有利でした。

 サモアは日本の早い展開に備え過ぎて、密集に圧力を掛けなかったのが失敗だったでしょう。持ち前のパワーでガツンガツン来ていたら、結果は違ったかも。でも、日本が強くなったのは間違いない。山田選手のトライはお見事でした。

 残念ながら、日本が次のアメリカ戦に勝っても、南アフリカとスコットランドが揃って次も勝てば、決勝トーナメントには進出できない(3勝して進出できないのは史上初)のですが、過去1勝しか出来なかった日本代表にとって、勝つこと全てが歴史を変えることなのです。

 私も来週また試合があるのですが、まずは先週のダメージから脱出しなければ…。

SAM15RWC.jpg
<また号外出ました。山田選手の見事なトライ!>
posted by らぐじ〜 at 21:42 | TrackBack(0) | RWC2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

南アに勝ったぁ!

 金曜深夜(土曜日早朝)に開幕したラグビーワールドカップ。ラグビーの母国イングランドにしか出来ない、感動的な開会式。まだまだ“いよいお始まるなぁ”ぐらいの感じだったのですが、翌土曜日深夜、日本代表がいきなり頂点のヒートアップを起こしてくれました。

 予選プールの第1戦で、世界ランキング第3位の南アフリカに34−32で大金星を挙げる奇跡を起こしました。正直、接戦になっても前半まで。後半には突き放されて10−50ぐらいの予想をしていたのですが…悲観主義者ですみません

 実際、前半10−12の2点ビハインドと意外な善戦までは想定内。ハーフタイムの修正で南アフリカが目を覚まして、結局「まぁ、よく頑張ったなぁ」ぐらいで終わってしまうのか思ったのですが…。後半も続く接戦。まさか、もしかして

 そして、残り1分からの3点ビハインドの最後のチャンス。ペナルティゴールの3点で同点引き分けのチャンスを捨てて、勝利のトライを目指して全員必死の攻撃。何度もディフェンスに跳ね返されながらも、とうとうゴールラインを越えて逆転トライ!

 深夜なので家で1人で観ていましたが、周りにラグビー仲間がいたらどうなっていたことか。今の世の中なのでSNSの投稿で、あいつも起きて観ていたのかというのが次々と判明。みな、喜びの分かち合い方が分からず、うずうずしているようでした。

 平均年齢30歳以上の男たちが、今までで一番キツい練習を続けてきたという猛練習はウソをつかなかったということでしょう。大会はまだ始まったばかりですが、もうこれで終わってくれてもいいよと思うぐらいの(笑)大勝利でした。

VicvsRSA.jpg
<朝刊に間に合わない上に、日曜で夕刊が休みということもあったでしょうが、ラグビーが号外に!>
posted by らぐじ〜 at 12:00 | TrackBack(0) | RWC2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする