2017年07月23日

初体験色々24時間

 昨日、今日は完全休養。なんか完全休養ばかりしているようですが、それでもなんだか疲れが取り切れず、いよいよ年を取ったのか…と痛感しております。ラグビーでもすっかり役立たず。体重は増えるばかり。運動不足を解消出来るほど運動出来なくなって来ました。

 そんな状況の中、先週は9度目となる「24時間リレーマラソン」に参加して来ました。今年は色々と初めてのことが多く、戸惑いと新鮮さに溢れておりました。まぁでもしんどいのには変わりない上に、やはり年々役立たずに(苦笑)。

 初めてのことが多かった一番の原因は、会場の工事。いつもはスタート&ゴールとなる陸上競技場が改装中のため、同じ運動公園敷地内の野球場がスタート&ゴールでした。それに伴い、コースもいつもの1周1.6kmから1.2kmに短縮

 ところが平らな部分の400mがカットされたため、心臓破りの坂を含む起伏の激しい部分だけが残ってしまいました。おまけに1周が短いので、いつものように1周ずつ交代することを主にしていると、あっという間に順番が巡って来る。

 というわけで、初回のみ各人1周交代の後は、1人2周あるいは3周での交代となりました。当然、24時間での周回数は多くなり、坂を登る回数も多かったというわけです。正直、今年はだいぶ歩きましたけどね。

 さらに今年は参加人数が少なめで夜中の時点で我がチームの人数は8人。例年12人ぐらいはいたので、3〜4班に分けて、ひと班3〜4時間ずつ走るという方法で睡眠時間を確保していました。ところが今年は2つにしか分けようがない…。

 じゃあ、もう分けるのやめようということで、取った作戦が1人1時間。夜10時から朝6時までの8時間は、1人が1時間受け持って走ることで睡眠時間を確保することになりました。私の担当は午前3時から4時

 だいたい4時間弱ぐらい寝られたと思うのですが、さすがに夜中の3時に起きて走るのはツラい。何とか最低限のノルマと思われる4周を走って次のメンバーに襷を渡しました。その後はすでに夜が明け始めてきたので寝ませんでした。

 ちなみにもうひとつ新しかったのが、長年コニカミノルタだったスポンサーがオートバックスに変わったこと。いつも参加してくれていたコニカミノルタ陸上部の選手も当然来なくなり、いつもたくさんで参加してくれていた女性ランニングチームのTeamR2からも2人だけ。ちょっと寂しかったですね。

scbdfuji.jpg
<今年はスコアボードの向こうに夜明けの富士山>

 というわけで、来年は10回目ですか。51歳になってますよね。そろそろ潮時ですかね。
posted by らぐじ〜 at 21:32 | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

0泊3日シンガポール

 とにかく日常からの脱出!を目的に、シンガポールへ行って来ました。19日の金曜夜、関空を出発。土曜日1日の滞在後、同日の深夜便にて帰国という、いわゆる“弾丸”で行って来ました。体力的に結構しんどかったですが、日常打破の目的は果たせたと思います。

 金曜夜、8時に退社して関空へ。23:30発のシンガポール航空で一路シンガポールへ。直行便でサービスもいいシンガポール航空ですが、今年の1月に予約したこともあり、往復約70,000円。現地で両替したお金が15,000円分。費用約85,000円が高いか安いかは…。

 早朝5:00前にシンガポールに着陸してしまったので、のんびりしたつもりでも、街の真ん中に着いたのは朝6:30。早速、マーライオン公園に向かいました。完全に夜が明ける前で人も少なく、いい景色を見られました。ちなみにマーライオンが水を吐き始めるは7:00でした。

doublema.JPG
<小さい方のマーライオンもかわいくていい感じ>

 10:00に現地在住の友人と待ち合わせることになっていたので、7:30オープンのスタバへ。とにかく暑さには驚きました。空調の効いたスタバではwi-fiもフリーで使えるので、まさに避難所です。9:00にブースの開いたリバークルーズは船の出向時間が合わず断念。

 そうこうしているうちに友人との待ち合わせ時間に。今回、シンガポール行きを決めた大きな理由は、この日、ラグビーの日本のチームの試合がここで開催されるから。そのチームが現地で行う子供向けのラグビークリニックを友人が手伝っているとのことで、同行させてもらいました。

 当初は付いて行って見るだけのつもりでしたが、「シューズとTシャツと短パン持って来て下さい」と言われ、急遽荷物を増やしました。で、一緒にお手伝いすることに。といってもほとんど見てるだけでしたが。

 クリニックには当日の試合に出る予定のない3選手が来ていて、子供たちと一緒にラグビーを楽しむという趣旨。クリニック後はみんなで記念写真を撮ったり、子供たちの質問に答えたり、選手たちもなかなか大変です。

david.JPG
<サンウルブズ主将、デイビッド・カーク選手。右手負傷中のようでした>

 大して動いたわけではありませんが、とにかく暑くて大変。大きめのタオルを持って行っておいてよかったです。そのあと、友人とは街に向かう電車の途中で一旦別れ、夜の試合会場で再び会うことに。それまで単独で観光です。

 ただ暑さにはやられました。現地の屋台村“ホーカー”で昼食後、まさに“おのぼりさん”的に、マリーナ・ベイ・サンズの展望デッキへ。$23(約2000円)もするのですが、暑くて長居出来ません。すごすごと退散。

 さらにチャイナタウンでは“こぎれいな中国”の人の多さと活気に気おされ退散。ひとつ隣の駅、クラーク・キーのスタバに避難しました。ここでメッセンジャーに意外なメッセージ。現地在住の元同僚から連絡が入っていました。

 急遽会うことになり、マーライオンパークで待ち合わせ(ここが一番確実)。夕食を一緒に食べることが出来ました。彼がシンガポールに赴任していたことをすっかり失念していたのですが、本当によく声を掛けてくれたものです。思わぬ再会に感謝

 いよいよ、旅の目的の最終段階。スーパーラグビー、サンウルブズの試合観戦のため、シンガポール・ナショナルスタジアムへ。街の真ん中のMRT(地下鉄)駅降りてすぐにあるので、とても便利。現地在住の日本人の方々らしき人たちが、たくさん応援に来られていました。

 試合は残念ながら南アフリカのチームに負けてしまいましたが、とにかく観に来られたことだけで満足。ひとつ不満を言えば、大して大きくないビールが1杯$12(ほぼ1000円)。これじゃ1杯しか飲めません(笑)。

 試合終了後は深夜1:25初のフライトに充分間に合うスケジュールで空港へ。暑さと寝不足にやられ、正直疲れた弾丸旅でしたが、現地在住の友人たちのおかげで、日常打破に充分な楽しみを得られた機会となりました。しばらくはこういう旅を探すしかないかなぁ。

posted by らぐじ〜 at 21:18 | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

2週続けて金沢へ

 先週の土曜日(日帰り)と今週の土日の2週連続で金沢へ行って来ました。といっても観光ではなく、親戚のお見舞いのため、先週は母と妹を送り、今週は迎えに行っただけ。今週は土日ともいい天気だったのが幸いですが、少々疲れました。

 昨日の往路、夕方のに立ち寄った尼御前パーキングエリアで、ちょうど日の入り時間に出くわしたので、30分ほど夕日が沈むのを見ていました。このパーキングエリア(金沢方面行き)、食事出来るカフェテリアから海が見え、外に出ることも出来るようになっています。

 外にも椅子とテーブルが備えられていて、ちょうどそこから夕日が海に沈んでいく様子を眺めることが出来ました。天気が良く、雲ひとつなかった上に、いいタイミングで船が一隻、夕日の前を通って行くという素晴らしい場面に出会いました。

amagoze.jpg

 混んでさえいなければ、特に食事をしなくても、カフェテリアに座っていることは可能ですので、通りがかりの際は、是非、日本海の景色を眺めに立ち寄ってみて下さい。
posted by らぐじ〜 at 22:00 | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

強引に?お花見決行!

 早くも4月。ウチの会社は6月決算なのであまり関係ないですが、いわゆる新年度の始まりですね。週明けは電車混むだろうなぁ。ウチは小さな会社で、新卒定期採用もないので、4月になったからと言って、何も変わらないのですが。

 ただ、残念なことに昨日は出勤日。そこに毎年恒例のお花見が重なってしまいました。今年は開花が遅れているようで、大阪の開花宣言は3月30日。おそらくまだほとんど咲いてないだろう上に、きっと寒いだろうという中、実施が危ぶまれておりました。

 さらに前日は雨となり、さらに中止が濃厚かと思われましたが、前日に幹事から「明日の午後は晴れるので決行!」との連絡。集合は午後2時ということだったので、6時が終業の私は、果たしてそれまでやっているのか不安ながらも、定時ピタリで退社して会場へ向かいました。

 場所はいつもの天満橋。さらにいつもの木の下だと思ったのですが、そこには別のグループ。もう少し先に、我が仲間たちは陣取っていました。その上の木を見ると…思った以上に咲いているではありませんか。幹事の機転、出来るだけ多く咲いている木の下を選んだわけです。

3bugurai.JPG

 私が最後の合流者となってしまいましたが、気温がどんどん下がっていく中、9時ごろまで宴は行われました。風がなかったせいか、思ったほど寒くはありませんでした。周囲にもいくつかのグループが宴会を行っていましたが、さすがに出店は8時頃に閉店していました。

 来週はきっと満開の見頃となるでしょう。でも、厳しい条件の中、決行を決断、午前中から場所取りを行い、敷物やらコンロやら様々なものを用意してくれた幹事に感謝です。花は少なくても、気温以上に暖かく楽しい宴でした。
posted by らぐじ〜 at 21:48 | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

伊豆大島上陸

 先週の土日で、伊豆大島へ行って来ました。いつも東京でお世話になっているの飲み屋の開店8周年記念旅行。こういう機会があるというのは、うれしいですね。なかなか1人で行こうとは思いませんから。

 金曜日、仕事を午後7時に終えて、新幹線ひかり号で新横浜へ。地下鉄に乗り継いで関内、そこから歩いて横浜の大さん橋に行き、大型客船に乗船です。この船は東京から出発して、週末のみ横浜に寄港するということで、すでに東京から乗船した友人たちが、大きな声で出迎えてくれて恥ずかしかったです(笑)。

 伊豆大島到着は翌朝6時。まずは宿で朝食を頂き、高速船で土曜日出発の後発組を待つ間、のんびりと温泉へ。全員集合した後は、島を歩いてのロゲイニング、さらには御神火太鼓の体験と、島を肌で感じるようなイベントを楽しみました。

 1日目の夕方にも三原山を見に行ったのですが、2日目は実際に外輪山の中を歩くトレッキングにも出掛けました。裏砂漠と呼ばれる、黒い火山灰と溶岩に覆われた景色は、他ではなかなか見ることの出来ないものでした。

mtmihara.JPG

 観光で来ている分にはいいと思うのですが、実際に火山の島で暮らすというのはどんな気分なんでしょうねぇ。だいたい35年周期で噴火するというし、きっと地震も多いと思うのですが…。

 まぁ、たった2日の滞在では、何も分からないと思うのですが、また行ってみたいと思うような良さはありました。2日ではあまりにもったいない。そんな思いを抱きながらも、2日目の午後には再び大型客船で離島。

 ちなみに到着した港は岡田港でしたが、帰りの港は元町港。向こうで知ったことですが、当日の朝にならないと、どちらの港から出向するかは分からないのだそうです。従って、町のあちこちで「本日の出帆港:〇〇港」という表示を見かけます。

 出向時は、今までテレビとかで見たことしかなかった紙テープによるお別れセレモニーがありました。なかなか感動しますね。また行く機会あるかなぁ。

kamitape.JPG
posted by らぐじ〜 at 22:04 | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

東京おのぼりさん

 今日はほとんど何もしないダラダラした土曜日を過ごしてしまいましたが、先週は友人の結婚披露パーティーにお招き頂いたので、久しぶりに東京へ行って来ました。会場に着くと、半分ぐらいは知った顔。とにかく楽しいパーティーでした。

 最近は夜行バスで帰ってしまうことも多いのですが、今回はカプセルホテル泊。ということで、パーティー後、場所を変えて夜中2時頃まで飲んでました。帰りの新幹線は午後2時前。カプセルホテルのチェックアウト時間は午前10時。約4時間もヒマになる…。

 そこで、早めのチェックアウト(8時半)をして、まだ昇ったことのなかった東京スカイツリーに昇ってみることにしました。以前、下までは行ったのですが、まだまだ混んでいた時期だったので、全然昇ろうという気が起きませんでした。

 さすがにもうそんなに混んでいないだろうし、朝早ければさらに空いているだろうということで、現地到着は9時半。まぁまぁ想定内の当日券購入列でした。まずは高速エレベーターで展望フロアへ。しかし、エレベータが動いている気がしないぐらい静か。スゴい技術ですね。

 天気は思ったほど良くなかったので、富士山は全く見えず、東京タワーも霞みがち。天気が良ければもっと感動するのかなぁと思いましたが、とりあえずこの日は“ただ高いだけ”という印象でした。東京の地名とかが分かっていれば、もう少し楽しいのかも知れません。

 さらに上の天空回廊へも行きましたが、これはもう“さらに高くなる”だけ。見える景色が変わらないのだから当然といえば当然ですが、まぁこういう設備も作りましたよというのを一見しておく…という感じでしょうか。

 展望フロア2060円と天空回廊1030円。合わせて3090円の価値は…まぁ、1回でいいかなぁというのが本音ですね。

 実は東京タワーにも昇ったことがなかったので、まずはそちらに行こうかと考えたのですが、現在改装中とかで断念。何となく東京タワーの方が楽しいような気がしているんですけど。またの機会に。

skyglass.jpg
<ここだけは少し楽しいと思った。ガラス張りの床。>
posted by らぐじ〜 at 21:00 | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

あたいの夏休み

 毎日暑い日が続いておりますが、みなさま体調は大丈夫でしょうか?今年の夏はこんなに暑くなるとは思わなかったのですが…。今朝はこのクソ暑いのにラグビーの練習をするというので行って来ましたが、とても練習になりませんわ(笑)。

 さて、私にもお盆休みはありました。11日から16日までの6日間が会社のお休みだったのですが、とりあえず、母方の田舎へ帰っただけです。10日の夜に出発して11日の早朝着。当初は14日までいる予定だったのですが、あまりにヒマなので13日に私だけ先に大阪へ帰りました。

 今年はオリンピックがあったので、まだマシだったのですが、他に全くすることがなく、11日と12日の2日続けて、町営の宿泊施設にある温泉に行ったぐらい。多少足を延ばせば、周囲にいくらか観光地はあるものの、1人で行くのも面倒だし…。

notoumi.jpg
<温泉施設から見える能登の海>

 帰阪後は繁昌亭に落語を観に行ったりしましたが、16日は休日出勤。お客さんがお盆休みなく営業しているので、仕事はどんどん溜まってしまうのです。というわけで、あまり楽しいこともなく、夏休みは終わりました。ここ数年、同じ感じです。

 以前から夏休みの混雑時、旅費等の高い時期に旅に出ることはあまりありませんでしたが、本当に旅に出る機会がなくなってしまいました。視界が狭くなってるなぁと自分でも思うのですが、今の状況ではなかなか難しいです。

 もうそろそろ暑さもマシになって、近場でもいいから出て行きやすくなって欲しいもんです。かといって、お金もないしなぁ(涙)
posted by らぐじ〜 at 21:32 | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

7月も終わり

 今日で7月も終わり。うちの辺りは毎年7月30、31日が夏祭り。遠くから太鼓の音が聞こえます。本格的に暑くなって来ましたねぇ。暑さにかまけてではありませんが、今月は1回しか更新しておりませんでした。最終日にやっと2度目の更新。

 ネタは2週間前。毎年恒例となった24時間リレーマラソン富士北麓大会に参加して来ました。例によって、金曜日の夜、夜行バスにて大阪を出発。いつまで続けられるかなぁ。おそらく今回が9回目の参加ではないかと思うのですが、10回目を機に…?

 今年は初日が曇り空。朝、現地に到着しても富士山は全く見えず。結局、1日目は一度も顔を見せてくれないままでした。今回のチームは12人編成。だいたい2時間に1度、順番が回って来ました。ただし、夜間は4人で3グループに分けての2時間半交代制。

 私は朝4時から6時半の担当でしたが、この時間は夜明け前でとても気持ちがいい時間です(去年も明け方担当だったような)。走っているうちにだんだん夜が明けて来て、前日は見られなかった富士山も姿を現してくれました。

day1day2.jpg
<左1日目。右2日目。>

 夜が明けると、ゴールの午前10時まではあっという間。また今年も最後の1時間ぐらいは大変な盛り上がりでした。7月初めのラグビーの試合で肉離れをして、走れるかどうか不安だったのですが、何とか最後まで走ることが出来てよかったです。

 でも、最後の最後にアンカー前に順番が回ってきた時は、周囲の盛り上がりに調子に乗ってしまい、危うく再発寸前でした。ゴール後はチームで温泉&ほうとう専門店での打ち上げ会。毎年、新しい仲間と楽しめるのがいいところ。

 ま、とりあえず、来年は行くつもりですが…。
posted by らぐじ〜 at 21:39 | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

桜の季節

 この週末は土曜日が出勤日でお休みは日曜日のみ。土曜日の昼休みに会社近くの靭公園へ。コンビニで昼ご飯を買って花見でもしながら食べようと思ったのですが、さすがに大変な人出で座るところをを探すのにひと苦労。桜が咲き誇っているところからは離れた縁石に独り座って食べました。

 ご飯が終わってから、一番桜が咲いている辺りを歩いてお花見。ほぼ満開ですが、咲き切ってもいないかなぁという感じでした。さすがに来週の週末には散り始めているかも知れません。

utsubosk.jpg

 定時の6時まで仕事をして、いつになく早々に退勤。夜は旅仲間との花見が決まっていたので。場所取りの人は、昼の1時ぐらいから。そして三々五々集まって来て、一応4時ぐらいにはスタートしたということだったので、急いで向かいました。

 場所は天満橋の大川沿い。こちらもたくさんの人出と屋台。私が到着した頃には、みな一通り飲み食いが終わって落ち着いてしまっていましたが。それでもそこからさらに数人が加わり、終わったのは10時過ぎ。場所取りからの人、お疲れ様でした。

tenmaskr.jpg
<あまりうまく撮れていませんが…>
posted by らぐじ〜 at 21:20 | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

奈良見物

 今週末はダラダラ週末。昨日は老化防止トレーニングに行くのに挫けて整体へ。かなりハードに調整されました。疲れてたのね。今日は車の定期点検。想定外のバッテリー交換で思わぬ出費(涙)。あとはラグビーやらプロレスやら吉本新喜劇やら…録画したものを観て終了。

 ということで、以下は先週のお話。

 昨年11月の京都に続き、また東京からやって来た旅の先輩と京都在住の先輩、さらにお2人が呼び寄せた何人かのゲストを加えて、2日間、奈良見物に行って来ました。今回のメインの目的は法隆寺。どうやら小さい時に行ったことがあるらしいのですが、記憶になし。

 今回は、ボランティアの方の説明も聞いて、じっくり見物させてもらいました。教科書に出ていたこと以外にも色々と知ることが出来て、ためになりました。玉虫厨子って見られるんですね。作られた年代によっての仏像の違いもよく分かりました。

houryuji.jpg
<世界最古の木造建築です>

 その後、法起寺を巡り奈良市内へ。ここでは久しぶりに会う人を待って夕食。遠く箕面の地から車でやって来るというので、うまく合流出来るか少々不安でしたが、見事に指定のお店にたどり着いてくれました。遠いところ、わざわざ来てくれてありがとう。

 もともとは家の近い私は、いったん帰宅してまた翌日合流する予定でしたが、先輩お2人の勧めに従い、お2人の宿泊するゲストハウスに急遽泊まることになりました。相部屋なんて久しぶり。しかも、先輩2人はベッドでしたが、私は畳の部屋で他人と3人で川の字でした(笑)

 2日目は初顔合わせの家族がゲストということで、10時にJR奈良駅で待ち合わせ。ただその前に先輩が「新薬師寺に行ってみたい」ということで、ゲストハウスから歩くこと約40分。ところが着いてみると開門が9時。着いたのは8時40分。

 開くのを待っていると待ち合わせに間に合わないということで引き返し、かなりハードな奈良の朝の散歩となってしまいました。無事にJR奈良駅での合流後は、小さなお子さん2人もいるということで「奈良観光基本コース」へ。

 まずはダイソーとコンビニでピクニックランチの準備を整えて大仏殿へ。いつ見てもその大きさと崇高さを感じずにはいられないお姿を拝見したあとは、トイレの前にベンチのある絶好の場所を奈良公園内に見つけてお昼ご飯。

daibutu.jpg

 ちょっと寒かったですけどね。のんびりしていい気分でした。その後は、久々に鹿せんべいを買って鹿に与えながらゆっくり街中へ向かいました。2人の子供も最初はビビっていましたが、あっという間に平気でせんべいを与えていました。

 でもあの鹿って、おばさんたちが売っているせんべい(明らかに届く位置にある)には手を出さないんですね。必ずお客さんが買うのを待っていて、買った人からもらうようになっている。恐らく誰もおしえたわけじゃないと思うんですが。

 最後はみんなで晩ご飯を食べて2日間の奈良見物を終了。じっくり奈良を歩けたし、初めての人、久しぶりの人にも会えて、とても充実した2日間でした。次はどこへ行きますかねぇ。
posted by らぐじ〜 at 21:45 | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

東京経由浜松行

 今週末は今月2度目のご結婚のお祝いの宴に出席させて頂きました。今回は普通に平地の東京でしたが、代官山という、関西人には少々ハードルの高い場所。おしゃれなレストランでの披露パーティーでした。

 新婦とアメリカはヨセミテへの旅でご一緒させて頂いた縁で招待して頂きましたが、その時の仲間5人とも久しぶりの再会となりました。新郎新婦が同じ会社(要は社内結婚)ということで、多くの会社の方々の暖かい祝福を受けていたのが印象的でした。

akkii.jpg
<あっき〜、ご招待ありがとう。ホント、幸せそうでよかった。>

 で、せっかく東京まで行ったので、東京で宿泊…とはいかず、今回は別の目的地へと急がねばなりませんでした。友人のお店の開店7周年祝いのツアー参加のため、浜松へ逆戻り。夕方6時22分に浜松駅着。そこから路線バスで舘山寺温泉へ。

 結局、現地に着いたのは午後8時。浜松駅から1時間も掛かるとは思っていませんでした。宴会の途中に何とか合流。昼間のパーティーでも結構飲んだのですが、ここからさらに2次会の部屋飲みで午前2時前まで飲んでしまいました。

 翌日は浜名湖観光遊覧船に乗り、浜松城でゆるキャラ“家康くん”に会い、昼食に浜松ぎょうざを食べて解散。先ほど、夜7時前に自宅に戻りました。ちょっと移動が多かったですが、充実の週末。多くの人に会えて、楽しい週末でした。

ieyasu.jpg
posted by らぐじ〜 at 21:38 | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

2600mでスノーシュー

 先週の結婚式のお話の続きみたいなものですが、参列者全員で千畳敷ホテルに泊まり、見事なご来光を楽しんだ後、グループは2つに分かれました。ひとつは先にロープウェイで麓に降りて温泉に行くグループ、もうひとつは残ってスノーシューをするグループ。

 元々はスノーシューをするグループも麓に降りてから行うはずだったのですが、今年の雪不足のため、麓では出来ないということになり、標高2600mの場所でのスノーシューとなりました。これはなかなか無い機会だと思います。

 スノーシュー自体は何度かやったことがありましたが、スキー場周辺の山林辺りを散策するのが普通。2600mの高い場所で行われるなんて、気象条件の難しさも併せて、大変珍しいのではないかと思います。

 久しぶりに履くスノーシューの進化に、履き方が分からず戸惑いましたが、何とか出発。まずはホテルから、雪が解けると池になるという場所まで下りました。下りだからと思って調子に乗って走って下ると、あっという間に息切れ。さすが2600m。

 ここから千畳敷カールを登りました。夏は一面の花畑を見に来る人で賑わうという場所ですが、この日は最高の天気に恵まれたということで、私たちがスノーシューで登る横を、アイゼンなどで雪山装備をした人が、次々と登って行きました。

 彼ら登山客は、どんどん登って行って、やがてカールの先へ消えて行くのですが、私たちはほんの序盤でUターン。それだけ登るだけでも少し登っては息が切れて休み、また少し登るというタフさ。寒いはずですが、汗かきました。

 Uターンする場所でしばし休憩。ガイドの方が持って来てくれたウィスキーで乾杯したり、集合写真を撮ったり。そこからは来たところを真っ直ぐ戻るのではなく、大きく逸れて、誰も踏んでいない雪の上を意識的に歩いて下りました。

snowshoe.jpg
<集合写真>

 なにせ天気がよかったもんですから、とにかく気持ちがよかったです。周りを見渡せば、真っ白な雪と、濃い青空の前に浮かび上がる山々。本当にすっかり得をした気分になりました。

 こんな極上の機会を与えてくれた2人に、改めて感謝したいです。ありがとう。

hitorisn.JPG
<ひとり占め気分>
posted by らぐじ〜 at 22:02 | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

2600mの結婚式

 先週の週末は、大変珍しい結婚式に招待して頂きました。この年になって親類縁者以外の結婚式に出席すること自体珍しいのですが、まさか標高2600mの高地で行われる結婚式に招待されるとは…しかも、この冬の真っただ中に(笑)

 場所は長野県の駒ケ岳ロープウェイを登ったところにある「ホテル千畳敷」。こんなところで真冬に結婚式を挙げる人なんて…と思っていたら、先に式を終えたカップルが下りのロープウェイで降りて来ました。しかも、ウェディングドレスで。

 さてさて、どんな式になるのかと思いましたが、ホテルの方々や観光協会の方々総出の大活躍で、場所こそ普通ではありませんが、普通の結婚式が行われました。手作りの雪のチャペル、オルガンの代わりにアルペンホルンの演奏での新郎新婦入場。

alpnholn.jpg
<アルペンホルンの演奏で入場>

 でも、気温は氷点下。参列者は完全防寒。新郎新婦だけはウェディングドレスとタキシード。指輪の交換から誓いの言葉まで、普通に行われるというのが少々驚きでした。スタッフの方々も正装で、防寒なし。あっぱれのサービス精神でした。

wed2600.jpg
<雪上のチャペル>

 披露宴はホテルの食堂にて。ホテルとはいえ、さすがに高地にあるので、山小屋よりはかなり立派ですが、レストランや宴会場はありません。それでも、長野産の食品にこだわったおいしい料理のおもてなしで、やはり普通に披露宴になっていました。

 その後、2次回も同じ場所で行われ、お開きの後はみんなで外に出て星空観測。ホテルの人も驚きの好天で、たくさんの星や流れ星を見ることが出来ました。これは普通の結婚式ではあり得ないですよね。ちなみに気温は氷点下18度でした。

 参列者全員がホテルに泊まり、翌朝は早起きしてご来光待ち。奇跡の好天が続き、見事な日の出を拝むことが出来ました。さらには、朝日が千畳敷の山肌を染めるモルゲンロートも見ることが出来、素晴らしい朝の景色を堪能させて頂きました。

morgenrt.JPG
<モルゲンロート>

 おそらく、ダウンコートを着て、2重の手袋をして、ニットキャップをかぶって出席するような結婚式は、これが最初で最後だと思います。招待してくれた2人、本当にありがとう。こちらが幸せな気分にして頂きました。

 お2人も末永く、お幸せに。
posted by らぐじ〜 at 22:30 | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

2日連続京都ウォーク

 3連休の最初の2日間、東京から旅の先輩が京都へやって来られるということで、ご一緒させて頂きました。ご案内して頂いたのは京都在住のこれまた旅の先輩です。お話によると、昨年と比べると、今年の紅葉はよくないとのことでしたが、それでも楽しい2日間でした。

 1日目はまず、鞍馬寺へ。これまでに私自身は2度行ったことがあったのですが、今回はケーブルカーで登ってみようということで、初体験になるはずでした。ところが、鞍馬寺の山門に着いてみるとケーブルカーが改修中で不通。歩いて登らざるを得ませんでした。

 思わぬ誤算で時間と体力を奪われた私たちでしたが、夕方、何とか拝観時間終了40分前に、第二の目的地、蓮華寺に到着。小さなお寺でしたが、紅葉に彩られた庭園が美しい、落ち着いたお寺でした。でも、去年はもっときれいだったそうです。

rengeji.jpg
<蓮華寺の庭園。夕刻で光の量が少なかったのが残念>

 2日目は東福寺へ。9時ごろに現地へ到着したのですが、紅葉見物の名所である通天橋のチケットを買う列、そして、通天橋へ向かう列がとんでもない長さになっていました。それでも敢えて撤退せず、1時間ほど並んで紅葉見物して来ました。

tofukuji.jpg
<東福寺。あれだけの人手で、人が全く写っていない写真が撮れたのはなかなか…>

 3連休と紅葉の時期が重なっているとはいえ、この日の京都はスゴい人出だったのでしょう。次の目的地、伏見稲荷も大賑わいでした。外国人観光客の人気が高いとは聞いていましたが、外国人だけではなく、日本人も多かった…とにかく人が多かった。

 しかし、ここも人込みを掻き分けるように、名物の鳥居が立ち並ぶ山道の参道を汗だくになりながら登り続け、無事、一番上の一の峰までたどり着いて来ました。途中、あらたな鳥居を建てている様子も見ることが出来ました。

toriine.jpg
<鳥居寄進料>

 2日間、とにかくよく歩きました。おかげさまで少々、足にダメージが来ています。しかし、これからもこういう楽しみを続けていくためには、日頃から歩けるようにしておかなければなりませんねぇ。明日が休みでよかったです。
posted by らぐじ〜 at 21:51 | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

みたらい渓谷から洞川へ

 11月に入って紅葉のシーズン。もちろん、場所によりますが。昨年は箕面の滝へ行きましたが、今年は以前から行きたいと思っていた、奈良の天川村へ行って来ました。みたらい渓谷という紅葉の名所があり、遊歩道が付いているということで。

 1時間20分ほど電車に揺られて下市口という駅からはバス。シーズンとあってたくさんの人が列を作りました。ということで、全員が座れるようにバス2台仕立てとなりました。1時間弱で天川川合という遊歩道の最寄りバス停に到着。

 ここから目的地の天川洞川までは2時間以上。初めは川沿いに通常の道を歩き、やがて遊歩道に入ります。川底には大きな岩がゴロゴロしているような流れで、水はとても澄んでいました。川岸にはところどころに黄色や紅に色づいた木々。

 でも、いわゆる“みたらい渓谷遊歩道”は1時間ほど歩いた辺りからが本物。一気に急坂の続く山道に入り、渓谷は滝が次々と現れる急流となります。紅葉は散り始めの感じでしたが、滝や大きな岩々との重なり具合は絵になりました。

mitarai.JPG
<こんなに滝が多いとは思いませんでした>

 見どころの急流と紅葉は1時間ほど。最後の30分は杉木立の中をひたすら歩いて洞川地区へ。ここは、大峰山で修行をする修験者の方々の宿泊場所です。実は、高校時代のラグビー部の夏の合宿地がここでした。訪れたのは30年ぶり。

masugen.JPG
<多分、当時のままだと思う…>

 当時のことは宿泊した旅館と練習グラウンドの行き来ぐらいしか覚えていないので、周辺の様子がどうだったか全然分からないのですが、昼食を食べに入ったお店の人によると、旅館街はそんなに変わらないけれど、おみやげもの屋などの店舗の範囲は広がったとのこと。

 広がった原因は、ちょうど遊歩道の終点に出来た村営の温泉センター。いわゆる村はずれだった場所に出来たのですが、そこまで観光客向けのお店が広がったというわけです。私も汗を流しにゆっくりと入って来ました。入浴料600円。

 その他にも観光する場所はあるのですが、日帰りだと少々時間不足。帰りのバスは3台仕立て。いつか1泊でまた行ってみたいなぁと思います。
posted by らぐじ〜 at 23:13 | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

木津川でカヌー

 先週のお話。ここんとこ、休みが取りにくい仕事というか会社のせいで、世界というか視野が狭まっているなぁという気がしていたのですが、近場でいい機会を見付けたので行って来ました。少々、仕事もヒマで心に余裕もあったので。

 参加したのは四万十塾という文字通り四国の四万十川に拠点を置く、カヌーツアーを催している会社のイベント。なんと京都の笠置での1泊2日キャンプ&木津川でのカヌートレックツアー開催とのこと。紹介してくれたのは、こちらの会社の方。一緒に参加してくれました。

 カヌーを漕ぐのは、このとき以来6年ぶり2回目。キャンプなんてするのも久しぶりなので、準備も一苦労。もちろんテントはレンタル。笠置のキャンプ場はJR駅から近いので便利なのですが、思ったよりたくさんの人がキャンプに来ていて驚きました。

 小学生の頃、笠置で飯盒すいさんをしたという記憶がわずかにあるのですが…学校の行事だったか子ども会の行事だったかも覚えていません。でも、他にキャンプ場なんてないと思うので、おそらくこの場所だったのだと思います。

kizucamp.JPG
<個人としては1泊600円。立派なタープは四万十塾さんのものです>

 到着して、四万十塾スタッフに挨拶して、テントを借りて設営。すでに他の参加者はほとんど到着していた上に、何度も参加している常連の方ばかりのようでした。すぐに昼食の準備が始まったのですが、初参加ということで何をしていいのやら

 ま、ウロウロしているうちに昼ご飯が出来上がり、しっかりと食べさせて頂きました。ちなにも料理のほとんどはスタッフの方がやって下さいます。参加者は手伝う程度。2日目の昼食まで、キャンプとは思えないご馳走にありつけます。

 そして午後はいよいよカヌーへ。1日目は漕ぎ方のレクチャーとキャンプ場近くの川面で慣れる程度。しかし、6年ぶり2回目ですからね。初めてみたいなもんです。しかも、ユーコン川で習ったのとは少々違う漕ぎ方もありました。

 一番違ったのは、“右漕ぎ”の人と“左漕ぎ”の人に完全に分かれること。基本的には2人乗りで漕ぐのですが、右の人はず〜っと右漕ぎ。ユーコンの時は疲れたら変えてたんですけど…。ちなみに私は右漕ぎでした。

 1日目でなんとなくそれなりにカヌーを動かせるようになり、2日目は午前から夕方まで木津川を下りました。昼食は途中の川原にて。ツアー中は原則、時計をはずすということになっていたので、何時に出発して何時に終わったのか分からなかったのですが…。

 おそらく距離的には7kmぐらい漕いだんではないかと思うのですが、最終目的地に到着したのは午後4時半頃だったと思われます。

 自宅から2時間弱で行ける場所でのアウトドア生活と、一人では経験することの出来ないカヌーでの川下り。久しぶりに日常を完全にはずれた世界に入ることが出来ました。ほんの1泊2日でしたが、今の私には貴重な時間。ありがとうございました。

kizcanoe.JPG
<天気に恵まれ、午後の日差しに向かってのんびり>
posted by らぐじ〜 at 22:02 | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月30日

わたしの夏休み

 最近は“お盆休み”ではなく、“自分の好きな時に○日間休む”という夏季休暇の取り方をする会社も多いようですが、うちは古い体質の会社ですので、あくまでもお盆期間が夏季休暇。今年は12〜16日の5日間がお休み。

 去年はどこへも行かず、家でゴロゴロしていたのですが、今年は母方の故郷へ帰省しました。場所は現在、NHK朝ドラの舞台、輪島市。以前は輪島市ではなかったのですが、合併されてしまいました。

 朝ドラをきっかけに、TVで紹介されることが多い今年ですが、私が子供の頃は北陸自動車道さえなかったので、本当に遠かったのです。能登半島に入ると狭い道も多くて大変でした。今ではのんびり行っても6時間ぐらいで着いてしまいます。

 のと里山海道(以前は有料道路でした)のパーキング(道の駅)で休憩すると、やはり下のようなのぼり旗が。ま、観光で潤ってくれるのはうれしいことです。

marehata.jpg

 お墓参りに行った以外はほとんどゴロゴロとしていただけでしたが、15日には私だけ先に出発して金沢へ。ここから東京へ向けて、初めて北陸新幹線に乗ることにしていました。切符は1ヶ月前に取得済み。混んでましたねぇ、金沢駅。

hokuriku.jpg
<撮り鉄してみました>

 出発時点ではまだ空席がありましたが、やがて満席に。思った以上にトンネルが多いですが、初めての景色も色々と楽しめました。ちなみに私の乗った列車は長野の次の停車駅が大宮。こんなに停まらないとは少々驚きでした。

 というわけで、あっという間に東京へ到着。金沢を出発して3時間半後には秩父宮ラグビー場の観客席に座っていました(笑)
posted by らぐじ〜 at 21:41 | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

夏が終わる

 朝晩がだいぶ過ごしやすくなって来ました。今年はお盆を過ぎて、明らかに季節が変わった気がします。しかし、この8月はよく遊びました。すっかり疲れてしまい、ブログを更新するのを怠ってしまいました。ということで、話は8月の初め(2日)に遡ります。

 東京に住む友人家族と、天津赴任中の友人親子がそれぞれ、滋賀の実家に帰省していて、琵琶湖へ湖水浴&BBQをしに行くということで、お誘いを頂きました。琵琶湖へ遊びに行くなんて何年ぶりだろう(おそらく10数年ぶり)。

 海パンもオーストラリア西海岸に遊びに行ったときに買ったものを、それ以降使っていなかったような気がするので、履けるかどうか心配でしたが、まだちゃんと使えて一安心。ホントに久しぶりに水の中で遊びました。

 遊ぶといっても、子供が3人いたので、そのお相手です。まぁ、みんな元気なこと。それぞれ浮き輪を持っているので、勝手に泳ぎ回るし、友人が持って来ていたパドルボートに乗っては大はしゃぎ。飛び降りてはまた乗せるの繰り返し。おじさん、疲れました。

 BBQは近江牛使用で超豪華。野菜も友人の実家の畑で採れたものだったので、新鮮で味が濃い。最後はスイカ割りまでやって(もちろん、割ったのは子供たち)、夏の休日を満喫しました。大人3人が熱中症気味になってしまうというオマケ付きでしたが。

 自分は独り者なので、こんなお誘いでもなければ、子供と遊ぶ機会はありませんが、お父さん、お母さんって大変ですねぇ。全然、自分が休めないもんねぇ。ま、おかげさまで、いい遊びの機会を頂きました。ありがとう。

lakebiwa.jpg
<実は足が着いていません…>
posted by らぐじ〜 at 21:54 | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

今年も24時間

 いよいよ本格的な暑さがやって来ました。ちょうどそんな季節の境目だった先週、毎年恒例となりました、24時間リレーマラソンに参加して来ました。折りしも台風11号がやって来て開催が微妙、おまけに夜行バスが運行するかも不安…。

 金曜日の朝、準備の入ったバッグを夜行バスの発着場のコインロッカーに入れて出勤。早く帰れれば、家でご飯食べて風呂に入ってという考えでしたが、その際は荷物を持たずに帰宅出来るはずでした。ところが、開催されるかどうかが分からない。

 午後6時には開催するかどうかが大会ホームページに掲載されるということでしたが、なかなか発表されず、6時半に退勤出来たものの仕方なくロッカーへバッグを取りに行って帰宅。結局、大会開催と夜行バス運行が判明したため、再びバッグを持って夜行バスに乗り込みました。

 駅までの道のりは大雨でビショビショ。乗り込んだ夜行バスの社内では、京都を出発してすぐの辺りで乗客の携帯電話の緊急避難警報が一斉に鳴り出すという珍事もあったほどの天候でしたが、翌朝、富士山麓に着くと、小雨程度の曇り空でした。

 というわけで今年も24時間たすきを繋いだわけですが、今回のチームは走れる男子が多く、順番が回ってくるペースが早かった…。午後10時から午前2時の夜間走行時点では、かなり足に疲れが来ていました。年々、老いを感じますねぇ。

 結果、235チーム中、158位。おそらく今まで私が所属したチームで一番いい成績だったんじゃないでしょうか。ちなみに昨年は199位でしたから。2日目は朝からすっかり晴れ上がり、暑いぐらいでした。これが1日目でなかったのが救いでした。

 さて、来年も走れるかなぁ…?

24hour15.jpg
<24時間走り終えたあとの富士山です>
posted by らぐじ〜 at 21:51 | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

2度目の青島

 先週は水曜日から金曜日まで、中国のチンタオに出張していました。約1年ぶり2度目。目的が工場視察ということもあり、チンタオ市街からは1時間ほど車で掛かる場所に宿泊するため、前回はチンタオ市内には足を踏み入れませんでした。

 今回は2日目に少し時間があったので、チンタオ市内に少しだけ立ち寄ることが出来ました。中心部は地下鉄建設中とかで、車が大混雑。駐車するのが大変でした。とにかく、両側に路上駐車しているので、進むのも大変。こんなとこ、運転したくない、絶対。

 ウォーターフロントは北京オリンピックのヨット競技の会場になっていたそうで、当時の巨大トーチがオブジェとして残っていたり、五輪のマークも残されていました。お金持ちの所有と思われるヨットもたくさん停泊していました。

quindao.jpg

 3日間とも好天に恵まれたので、なかなか快適な出張でした。何といっても、日本にいるときより勤務時間が圧倒的に短いし、ゆっくり眠れます。その反動で帰国後はそのまま出勤。金曜日の夕方5時半に日本に着いて7時半から10時まで会社で仕事。

 それだけでは出張期間に溜まった仕事は全く片付かず、土曜日は午後2時から8時まで。今日は朝9時半から午後6時まで休日出勤。しかし…それでも片付きませんでした。明日の朝、少し早く出勤しようかと思案中。

 まぁ、中国で楽したので、体力的には少し回復しましたがねぇ…。
posted by らぐじ〜 at 21:38 | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする