2015年12月31日

2015年の終わりに

 なんとかいい訳程度の大掃除や洗車を終え、紅白歌合戦を聞きながら年賀状の作成に入りました。今日は宛名と裏面の印刷までで終わりですかね。果たしていつ出せるようになることやら。

 そんな中ですが、明日も花園ラグビー場のバイトです。本業の会社の方が賞与の出ないような状況なので、少しでも小遣いを稼ごうというのもありますが、普段会社に行くより早い時間に家を出て、終日の立ち仕事に毎年行くのは、それだけが理由ではありません。

 全国高校大会が始まると、花園ラグビー場では色々な人に会うことが出来ます。以前、一緒にラグビーの試合をした人、今も一緒にやっている人、高校時代、大学時代、以前の会社時代の先輩、後輩、同期、そして今まで1回しか会ったことのない人などなど。

 ほとんどがラグビーが縁で出会った人たちです。あそこに行けば、多分、今年もみんなに会えるだろうという気持ちが、足を運ばせている理由のような気がします。さすがに毎年だんだん立ち仕事が体に堪えるようになって来ましたが。

 今年は日本ラグビーにとって素晴らしい1年となりました。W杯での南アフリカ撃破に始まる3勝、男女7人制揃ってのオリンピック出場権獲得、それに伴っての色んなメディアへの露出もあって、ラグビーへの関心が高まっていることは間違いありません。

 私がラグビーを通じて得た素晴らしい縁も、今年の日本ラグビー界が得た注目も、来年、再来年、さらにその先へと繋がることを期待したいと思います。もちろん、それを維持するためには、自身の努力が必要ではありますが。

 それではみなさま、よいお年をお迎え下さい。

end2015.jpg
posted by らぐじ〜 at 22:47 | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

ちょっとだけ掃除。

 今日は貴重なお休み。というのも明日から30日まで、本業とバイトで休みなし。だというのに、まだ年末の掃除もしていなければ、年賀状を買うことすらしておりません。まぁ、どちらもやらなくても勝手に新しい年はやって来ますが…。

 あとは自分の気分の問題。年末ぐらいでないと掃除しないので、今日は少しだけやりました。が、午前中に1時間半ほど。そして夕方1時間ほど。スグにイヤになってしまうもので…。とりあえずやったよという程度のものですが、やらないよりいいでしょう。

 掃除の合間に今年最後の老化防止トレーニングに行ってまいりました。ちょっと久しぶりでしたが、無事、フルメニュー完了。でも、今年の初めに比べると、腹筋とトレッドミルが落ちてますね。老化は進んでいるようです。あと、体重も増加。3.8kgオーバー

last2015.jpg

 これから年末年始にかけて宴会も多いというのに、その前にこの体重はヤバいですなぁ。食べる量を減らすのが一番なのですが、空腹に耐えられず…。夕方の間食が問題かも。

 今年も残すところあとわずか。明日はクリスマスイヴ。全然関係ないけど(涙)
posted by らぐじ〜 at 21:49 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

あとはバイトの年末年始

 先週の試合にて、今年のラグビーの自分の試合は終了です。最後の試合があまりいい試合ではありませんでしたが、その後の飲み会はいつも通り…いや、大阪王将で1人4700円は飲み過ぎかな。ま、とりあえず、今年もお疲れさんでした。

 そして今週からはラグビー場での売店お手伝い。今年の感じからすると、大学選手権ももう少し観客が入るかと思いましたが、残念ながら思ったほどではなく、売上もそこそこという感じでした。ま、これから年末年始、立ち仕事で疲れますが、頑張ります。

 問題は、自分の部屋の掃除をいつするか。やらなアカんよなぁ。でも、残るは16日と23日ぐらいか…あ、年賀状、買いもしてない。NHK大河ドラマも終わってしまった。どうしよう。来年になってしまう〜。

tenrivsw.jpg
<天理が早稲田に勝って、同志社も慶応に圧勝?今年の関西勢、意外と強いの?>
posted by らぐじ〜 at 21:27 | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

2日連続京都ウォーク

 3連休の最初の2日間、東京から旅の先輩が京都へやって来られるということで、ご一緒させて頂きました。ご案内して頂いたのは京都在住のこれまた旅の先輩です。お話によると、昨年と比べると、今年の紅葉はよくないとのことでしたが、それでも楽しい2日間でした。

 1日目はまず、鞍馬寺へ。これまでに私自身は2度行ったことがあったのですが、今回はケーブルカーで登ってみようということで、初体験になるはずでした。ところが、鞍馬寺の山門に着いてみるとケーブルカーが改修中で不通。歩いて登らざるを得ませんでした。

 思わぬ誤算で時間と体力を奪われた私たちでしたが、夕方、何とか拝観時間終了40分前に、第二の目的地、蓮華寺に到着。小さなお寺でしたが、紅葉に彩られた庭園が美しい、落ち着いたお寺でした。でも、去年はもっときれいだったそうです。

rengeji.jpg
<蓮華寺の庭園。夕刻で光の量が少なかったのが残念>

 2日目は東福寺へ。9時ごろに現地へ到着したのですが、紅葉見物の名所である通天橋のチケットを買う列、そして、通天橋へ向かう列がとんでもない長さになっていました。それでも敢えて撤退せず、1時間ほど並んで紅葉見物して来ました。

tofukuji.jpg
<東福寺。あれだけの人手で、人が全く写っていない写真が撮れたのはなかなか…>

 3連休と紅葉の時期が重なっているとはいえ、この日の京都はスゴい人出だったのでしょう。次の目的地、伏見稲荷も大賑わいでした。外国人観光客の人気が高いとは聞いていましたが、外国人だけではなく、日本人も多かった…とにかく人が多かった。

 しかし、ここも人込みを掻き分けるように、名物の鳥居が立ち並ぶ山道の参道を汗だくになりながら登り続け、無事、一番上の一の峰までたどり着いて来ました。途中、あらたな鳥居を建てている様子も見ることが出来ました。

toriine.jpg
<鳥居寄進料>

 2日間、とにかくよく歩きました。おかげさまで少々、足にダメージが来ています。しかし、これからもこういう楽しみを続けていくためには、日頃から歩けるようにしておかなければなりませんねぇ。明日が休みでよかったです。
posted by らぐじ〜 at 21:51 | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

早起きの老体たち

 本日はOVRE40のラグビーのゲーム。場所は西宮。集合時間がなんと9時会社に行くより早く起きて、家を出なければならないという理不尽。最後に駅から乗ったバスが、ぐるりと遠回りして目的に着くというコースだったため、家からほぼ2時間掛かりました。

 遠足の朝は早く目が覚めるような歳の子供でもなければ、放っておいても5時ぐらいに目が覚めてしまうという老人にもなっていない中途半端な人間なので、少々、ツラかったです。天気もあまりよくなかったですしねぇ。

 まぁ愚痴はこれぐらいにして、現地に着いてストレッチをして、試合が始められれば早起きのことも忘れます。OVER40の試合なので、スクラムの押し合いもなしで15分ハーフ。100kg越えの巨体の人にタックル行くのは大変ですが…。

 快調に体が動いた感じで、1試合目ではおいしいトライもさせて頂きました。あまりバテることもなく、2本目の15分へ。100kg越えの人に尻餅を付かされることもありましたが、いつになくボールタッチが多く、楽しませてもらいました。

 朝早い分、終了も午後1時。早くても終わった後はビール。あとは帰って寝るだけという、結局は幸せな1日だったのかも知れません。

nisinomi.jpg
<会場は人工芝>
posted by らぐじ〜 at 21:24 | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

みたらい渓谷から洞川へ

 11月に入って紅葉のシーズン。もちろん、場所によりますが。昨年は箕面の滝へ行きましたが、今年は以前から行きたいと思っていた、奈良の天川村へ行って来ました。みたらい渓谷という紅葉の名所があり、遊歩道が付いているということで。

 1時間20分ほど電車に揺られて下市口という駅からはバス。シーズンとあってたくさんの人が列を作りました。ということで、全員が座れるようにバス2台仕立てとなりました。1時間弱で天川川合という遊歩道の最寄りバス停に到着。

 ここから目的地の天川洞川までは2時間以上。初めは川沿いに通常の道を歩き、やがて遊歩道に入ります。川底には大きな岩がゴロゴロしているような流れで、水はとても澄んでいました。川岸にはところどころに黄色や紅に色づいた木々。

 でも、いわゆる“みたらい渓谷遊歩道”は1時間ほど歩いた辺りからが本物。一気に急坂の続く山道に入り、渓谷は滝が次々と現れる急流となります。紅葉は散り始めの感じでしたが、滝や大きな岩々との重なり具合は絵になりました。

mitarai.JPG
<こんなに滝が多いとは思いませんでした>

 見どころの急流と紅葉は1時間ほど。最後の30分は杉木立の中をひたすら歩いて洞川地区へ。ここは、大峰山で修行をする修験者の方々の宿泊場所です。実は、高校時代のラグビー部の夏の合宿地がここでした。訪れたのは30年ぶり。

masugen.JPG
<多分、当時のままだと思う…>

 当時のことは宿泊した旅館と練習グラウンドの行き来ぐらいしか覚えていないので、周辺の様子がどうだったか全然分からないのですが、昼食を食べに入ったお店の人によると、旅館街はそんなに変わらないけれど、おみやげもの屋などの店舗の範囲は広がったとのこと。

 広がった原因は、ちょうど遊歩道の終点に出来た村営の温泉センター。いわゆる村はずれだった場所に出来たのですが、そこまで観光客向けのお店が広がったというわけです。私も汗を流しにゆっくりと入って来ました。入浴料600円。

 その他にも観光する場所はあるのですが、日帰りだと少々時間不足。帰りのバスは3台仕立て。いつか1泊でまた行ってみたいなぁと思います。
posted by らぐじ〜 at 23:13 | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

ニュージーランド連覇!

 今日から11月。昨日でラグビーワールドカップが閉幕しました。ニュージーランドが大会史上初の連覇という結果でしたが、とにかくラグビーおたくにとっては至極の1ヶ月半でした。こんなにたくさんの好ゲームや名場面を観られるとは。

 もちろん、一番のハイライトは日本代表の南アフリカ戦勝利。次回、日本でのワールドカップ開催に向けて、これ以上ないアピールになったことでしょう。なんか、日本国内より欧州やオセアニア方面の方がより大騒ぎになっていたような気もしますが。

 それでも、そういう国の人たちが、日本での開催に興味を持ってくれたことは間違いないでしょう。閉会式でこんな映像を流せるようになるとは、誰も想像が出来なかったと思います。

 昨夜は飲みに出掛けていたのですが、とにかく決勝戦の放映に間に合うように帰宅。急いで風呂に入ってテレビの前へ。途中、少々眠気と戦った時間もありましたが…オーストラリアが一時追い上げたこともあり、無事、最後まで観ることが出来ました。

 特に、今大会で国の代表選手を退くと予想される選手の充実が目に付きました。中でもニュージーランドのダン・カーターは出色。前回大会、ケガで途中からチームを離脱。決勝戦の舞台に立てなかった無念を晴らさんばかりの活躍でマン・オブ・ザ・マッチ

d-carter.jpg
<カーター様、満面の笑み>

 他にもそれぞれの選手が色んな思いで戦っているのが伝わってくるような試合でした。終わってしまったのが寂しいですが、4年に1度だからいいんでしょうね。4年に1度じゃないと、選手生命もたないだろうし

 4年後に日本での開催となるラグビーワールドカップ。あっという間に来てしまうんでしょうか?私はただ待つだけでいいんでしょうかねぇ(笑)
posted by らぐじ〜 at 22:19 | TrackBack(0) | RWC2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

木津川でカヌー

 先週のお話。ここんとこ、休みが取りにくい仕事というか会社のせいで、世界というか視野が狭まっているなぁという気がしていたのですが、近場でいい機会を見付けたので行って来ました。少々、仕事もヒマで心に余裕もあったので。

 参加したのは四万十塾という文字通り四国の四万十川に拠点を置く、カヌーツアーを催している会社のイベント。なんと京都の笠置での1泊2日キャンプ&木津川でのカヌートレックツアー開催とのこと。紹介してくれたのは、こちらの会社の方。一緒に参加してくれました。

 カヌーを漕ぐのは、このとき以来6年ぶり2回目。キャンプなんてするのも久しぶりなので、準備も一苦労。もちろんテントはレンタル。笠置のキャンプ場はJR駅から近いので便利なのですが、思ったよりたくさんの人がキャンプに来ていて驚きました。

 小学生の頃、笠置で飯盒すいさんをしたという記憶がわずかにあるのですが…学校の行事だったか子ども会の行事だったかも覚えていません。でも、他にキャンプ場なんてないと思うので、おそらくこの場所だったのだと思います。

kizucamp.JPG
<個人としては1泊600円。立派なタープは四万十塾さんのものです>

 到着して、四万十塾スタッフに挨拶して、テントを借りて設営。すでに他の参加者はほとんど到着していた上に、何度も参加している常連の方ばかりのようでした。すぐに昼食の準備が始まったのですが、初参加ということで何をしていいのやら

 ま、ウロウロしているうちに昼ご飯が出来上がり、しっかりと食べさせて頂きました。ちなにも料理のほとんどはスタッフの方がやって下さいます。参加者は手伝う程度。2日目の昼食まで、キャンプとは思えないご馳走にありつけます。

 そして午後はいよいよカヌーへ。1日目は漕ぎ方のレクチャーとキャンプ場近くの川面で慣れる程度。しかし、6年ぶり2回目ですからね。初めてみたいなもんです。しかも、ユーコン川で習ったのとは少々違う漕ぎ方もありました。

 一番違ったのは、“右漕ぎ”の人と“左漕ぎ”の人に完全に分かれること。基本的には2人乗りで漕ぐのですが、右の人はず〜っと右漕ぎ。ユーコンの時は疲れたら変えてたんですけど…。ちなみに私は右漕ぎでした。

 1日目でなんとなくそれなりにカヌーを動かせるようになり、2日目は午前から夕方まで木津川を下りました。昼食は途中の川原にて。ツアー中は原則、時計をはずすということになっていたので、何時に出発して何時に終わったのか分からなかったのですが…。

 おそらく距離的には7kmぐらい漕いだんではないかと思うのですが、最終目的地に到着したのは午後4時半頃だったと思われます。

 自宅から2時間弱で行ける場所でのアウトドア生活と、一人では経験することの出来ないカヌーでの川下り。久しぶりに日常を完全にはずれた世界に入ることが出来ました。ほんの1泊2日でしたが、今の私には貴重な時間。ありがとうございました。

kizcanoe.JPG
<天気に恵まれ、午後の日差しに向かってのんびり>
posted by らぐじ〜 at 22:02 | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

日本代表終戦

 3連休。2日目の日曜日にラグビーの試合がある予定でしたが、人数不足により棄権。試合前日の夜で4人しか集まってませんでした。ラグビーは少なくとも1チーム15人必要です。4人では7人制の試合すら出来ません。

 そんな情けないチームとは違うハイレベルな(もう別のスポーツとも言っていいかも)戦いが続くラグビーワールドカップ。日本代表は予選プール敗退が決まった中で、アメリカ代表に勝利見事に3勝目を上げ、有終の美を飾りました。

 アメリカ代表なら勝てるだろうという雰囲気になっていましたが、まだワールドカップでアメリカに勝ったことがなかった日本。やはり、パワーに押されて苦戦する場面も見られましたが、それでも負けなくなったところが、今回の日本代表の強さでしょう。

 みんな体中にケガを抱えながら、最後まで体を張り続け、溜まる疲労の中、最後まで走り続けた姿は本当に素晴らしかったです。まだまだベスト8以上の本当の地力はないと思いますが、日本のラグビーはこういうものだというのを世界に発信できたのではないでしょうか。

 来週から決勝トーナメント。また1ランク上の戦いが始まります。今回、日本代表の活躍でラグビーに初めて興味を持った人、是非とも、日本代表が進めなかったさらに上のレベルのラグビーも観て欲しいと思います。

 ラグビーワールドカップ2015はまだまだこれからです。

rwcJP15.jpg
<お疲れさま。そして、ありがとう。>
posted by らぐじ〜 at 22:08 | TrackBack(0) | RWC2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

RWC2勝目!

 早くも2桁の月になってしまいました。今年も残すところあと4分の1。歳のせいか、無意味に日々が進んで行くのが早いのなんの。ついでに歳のせいで、1週間前の試合のダメージが残ったまま。昨日の老化防止トレーニング、アキレス腱痛で走れませんでした。

 南アフリカ戦のあと、中3日でスコットランド戦なんて、とんでもないなぁ。って全然レベルも違うし、鍛え方も違うんですが。とにかく、感服致します。

 さて、歴史的1勝のあとは、今までの日本代表に戻ったかと思われたのですが、3戦目のサモア戦に思わぬ快勝。やはりホントに強くなっているんですね。サモアに26−5なんてスコアで勝つなんて。しかも、本物のサモアに

 サモアとのテストマッチ対戦成績は過去3勝11敗。しかも、3勝といっても、ヨーロッパにほとんどのレギュラー格の選手が出稼ぎに出ているため、勝ったのは全て主力抜きのサモア。欧州組の一線級を揃えたサモアに勝ったのは初めてでしょう。

 というわけで、南アフリカの勝利ほどではないですが、今回もそれなりの番狂わせ。世界ランキングではひとつしか違わないものの、試合前の英国ブックメーカー(懸け屋)の評価は圧倒的にサモア有利でした。

 サモアは日本の早い展開に備え過ぎて、密集に圧力を掛けなかったのが失敗だったでしょう。持ち前のパワーでガツンガツン来ていたら、結果は違ったかも。でも、日本が強くなったのは間違いない。山田選手のトライはお見事でした。

 残念ながら、日本が次のアメリカ戦に勝っても、南アフリカとスコットランドが揃って次も勝てば、決勝トーナメントには進出できない(3勝して進出できないのは史上初)のですが、過去1勝しか出来なかった日本代表にとって、勝つこと全てが歴史を変えることなのです。

 私も来週また試合があるのですが、まずは先週のダメージから脱出しなければ…。

SAM15RWC.jpg
<また号外出ました。山田選手の見事なトライ!>
posted by らぐじ〜 at 21:42 | TrackBack(0) | RWC2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする